電話相談可能な夜間休日救急往診・自宅診察・訪問診療の特徴| 家来るドクター名古屋・神奈川・千葉・大阪

取材依頼の方へ:080-4533-1546

新着情報

粉瘤・脂肪腫の違い

粉瘤脂肪腫

 

粉瘤・脂肪腫の違い

 

こんにちは!家来るドクターです🩺

 

今回は粉瘤と脂肪腫の違いについて!

 

どちらもぷっくり腫れあがる「こぶ」ですが見分けられる違いがあります!

 

 

粉瘤

 

粉瘤とは?

  • 皮膚下の袋状組織に老廃物がたまってできる良性腫瘍。
  • 炎症や巨大化すると臭いや痛みを引き起こす可能性あり。
  • 粉瘤は手術でしか治療できず、早めの治療が重要。

 

脂肪腫との違い:見た目や触感で判断

  • 脂肪腫は皮膚の深い層にでき、ほとんど痛みを伴わない。
  • 粉瘤は比較的浅い層にでき、炎症が進むと臭いや痛みが強くなる。

 

見分け方のポイント:

  • 粉瘤は臭気があり、内容物が出ることで強い臭いを生じる。
  • 粉瘤の炎症が進むと痛みも増す。臭いや痛みを感じたら早めの受診が必要。

 

 

脂肪腫

 

脂肪腫とは?

  • 皮下にできる最も一般的な腫瘍で、痛みを伴わない。
  • 幼少期にでき、数ミリから10センチ以上に育つことがある。
  • 良性であるが、稀に悪性化することもある。大きなものは注意が必要。

 

粉瘤との違い:外見や成長速度で見分ける

  • 脂肪腫はドーム状に盛り上がり、皮膚の深い層に発生する。
  • 幼少期から発症するが、大部分は遅い成長ペース。急激に大きくなることは少ない。

 

見分け方のポイント:

  • 脂肪腫は痛みがなく、色や形に変化がない。
  • 成長が急である場合や触って痛みを感じる場合は、医師に相談が必要。

 

治療と経過観察:

  • 小さな脂肪腫は経過観察で問題ない場合もあるが、成長が早い、痛む、形が変わるなどの場合は手術が必要。
  • 脂肪腫の手術は一般的に簡単で合併症のリスクは低いが、治療法は症状や腫瘍の大きさによって異なる。

 

 

 

体調不良や、ケガなどでお困りの際は、家来るドクターへお気軽にご相談ください!

📞050-8880-9898

 

【平日電話受付時間】

17:00~24:00

 

【土曜電話受付時間】

15:00~24:00

 

【日曜・祝日電話受付時間】

9:00~24:00

 

往診のご相談・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:[平日]17:00-24:00
[土日]15:00-24:00
[日曜/祝日]9:00-24:00
休業日:年中無休

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com