電話相談可能な夜間休日救急往診・自宅診察・訪問診療の特徴| 家来るドクター名古屋・神奈川・千葉・大阪

取材依頼の方へ:080-4533-1546

新着情報

子どもがインフルエンザになった時どうすればいい?

インフルエンザ

 

 

 

 

子どもがインフルエンザになった時どうすればいい?

 

こんにちは!家来るドクターです🩺💨

 

子どもがインフルエンザをもらってきやすいのは何故か⁉

 

家の中や幼稚園等で咳やくしゃみを手で押さえその後共有の物に触れる…

 

結構あり得ると思います!

 

今回はインフルエンザについて解説👍

 

 

 

子供のインフルエンザ感染時の親の対応ガイド

 

 

感染経路と予防
  • インフルエンザは「飛沫感染」と「接触感染」で広がる。
  • 飛沫感染は咳やくしゃみの小さな水滴で感染、接触感染はウイルスが物に付着し手から体内へ侵入。

 

 

受診の目安
  • 発症後48時間以内なら抗インフルエンザ薬が効果的。
  • 発症後24〜48時間が検出率高い。発熱から6時間以上経過後に検査をお勧め。

 

 

食事と水分摂取
  • 食欲がなくても無理に食べさせず、食べられるものを与える。
  • ゼリー、アイスクリーム、うどん、お粥など食べやすいものを摂取。
  • 継続的な水分摂取が重要、スポーツドリンクや経口補水液も有効。

 

 

入浴と解熱剤の使用
  • 熱が下がってから入浴し、体を冷やさないよう気をつける。
  • 解熱剤(アセトアミノフェンなど)は医師の指示通りに使用。クーリングも有効。

 

 

室内環境と観察
  • 室温を20〜25℃、湿度を50〜60%に保つ。定期的な換気が必要。
  • 異常行動やせん妄が見られた場合は医療機関を受診。発熱中は子供を一人にせず見守りを。

 

 

 

🔽詳細はリンク先で確認できます。

子供がインフルエンザになった時の親の対応|風邪や似ている病気との違いについても解説

 

体調不良や、ケガなどでお困りの際は、家来るドクターへお気軽にご相談ください!

📞050-8880-9898

 

【平日電話受付時間】

17:00~24:00

 

【土曜電話受付時間】

15:00~24:00

 

【日曜・祝日電話受付時間】

9:00~24:00

この記事の執筆者


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/medesihma/iekuru-dr.com/public_html/wp/wp-content/themes/res/single.php on line 52

往診のご相談・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:[平日]17:00-24:00
[土日]15:00-24:00
[日曜/祝日]9:00-24:00
休業日:年中無休

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com