電話相談可能な夜間休日救急往診・自宅診察・訪問診療の特徴| 家来るドクター名古屋・神奈川・千葉・大阪

取材依頼の方へ:080-4533-1546

新着情報

寒い時は暖を取りにいきがちなので特に火傷に注意!

火傷

 

 

日常でのやけどは身近な危険です。

 

熱湯や暖房器具に注意し、もしもやけどを負った場合は正しい処置が必要です。

 

やけどの深さによる症状や対処法、そして自宅でのケア方法を紹介します。

 

 

やけどの深さと症状

 

以下のように分類されます。

 

Ⅰ度熱傷:

表皮のみの損傷。応急手当後、経過観察が必要。

 

Ⅱ度熱傷:

水ぶくれができる。浅達性深達性 *1に分かれ、それぞれ適切な処置が必要。

 

Ⅲ度熱傷:

皮下組織まで損傷。入院と外科的治療が必要。

 

 

*1浅達性と深達性

熱傷(やけど)の種類の1つで、真皮の上層まで熱傷が及んでいることを指します。

II度熱傷は深さにより「浅達性」と「深達性」に分けられ、

「浅達性」は軽症の熱傷です。

「深達性」は真皮の深層まで熱傷が及んでいることを指します。

 

 

やけどの応急手当

 

流水で15~30分冷却し、やけどの進行を抑えましょう。

 

服は脱がせず、服の上から冷やしましょう。やぶれた水ぶくれは医師の診察が必要です。

 

部位別の冷やし方

 

手足:

流水で冷やすか、水をためた袋に患部を入れる。

 

顔や頭:

シャワーで冷やす。流水がかけられない場合は氷水のタオルを使用。

 

瞼や耳:

保冷剤を包んだタオルで冷やす。氷を直接当てないように注意。

 

水ぶくれのケア

 

破らないようにし、早めに医師に相談しましょう。

 

自然に破れてしまった場合は、はがさずにガーゼなどでカバーして、速やかに医師に相談してください。

 

 

軽度のやけど痕ケア

 

  • ワセリンで保護。ヘパリン類似物質入りの軟膏も有効。
  • 栄養補給が重要。ビタミンやミネラルなども積極的に摂りましょう。

 

 

注意点

 

  • やけどの受傷面積や深さによって治療方法が異なる。
  • 年齢によってもケア方法が変わる。特に幼児やお年寄りは慎重に。
  • Ⅱ度以上のやけどは感染症に注意し、早めの医師の診察が必要。

 

急なやけど時に備え、正しい手当とケアを実践しましょう。

 

安全な生活を送るために大切な知識です。

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

体調不良や、ケガなどでお困りの際は、家来るドクターへお気軽にご相談ください!

📞050-8880-9898

 

【平日電話受付時間】

17:00~24:00

 

【土曜電話受付時間】

15:00~24:00

 

【日曜・祝日電話受付時間】

9:00~24:00

往診のご相談・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:[平日]17:00-24:00
[土日]15:00-24:00
[日曜/祝日]9:00-24:00
休業日:年中無休

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com