取材の依頼はこちら

080-4533-1546

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

日光、浴びてますか?ビタミンD不足に注意!

日光、浴びてますか?ビタミンD不足に注意!

投稿日:

冬の日光浴

 

 

気付けば今年もあと2週間、本格的に冬ですね⛄

 

冬になると、気温の低下等も気になりますが日照時間も減り、日光を浴びる時間も減ります。

 

日光を浴びる時間が減るとビタミンDが不足してきます。

 

ビタミンDが不足するとどうなるか、不足対策について解説します。

 

 

ビタミンDが生成される

 

 

人は日光を浴びると、体内でビタミンDが生成されます。

 

しかし、冬は日照時間が少ない上に、寒いからより外に出たくなくなり外出が減る分、日光に当たる時間も少なくなります。

 

 

ビタミンD不足による健康リスク

 

ビタミンDが、不足する事で健康リスクが高まります。

 

 

骨軟化症、骨粗しょう症


ビタミンDは、骨の発育や維持のために欠かせない栄養素です。

 

  • 骨軟化症・・・骨が柔らかくなり変形してしまう
  • 骨粗しょう症・・・骨密度が下がり骨折しやすくなる

 

が起きやすくなります。

 

 

精神疾患


幸福ホルモンであるセロトニンの分泌を促進する働きもあります。


セロトニンが不足から、

 

  • イライラ感
  • 憂鬱な気分
  • 鬱病などの精神疾患

 

になりやすくなります。

 

 

妊娠中、赤ちゃんの健康にも悪影響を与える


女性の場合、紫外線対策によって、妊娠中にビタミンD不足になりがちです。

 

妊娠中、お腹の中の赤ちゃんの骨に影響を与えるケースもあるので注意が必要です。

 

 

冬に不足するビタミンDを得るには

 

日照時間の減少と寒さから、無意識に日光を浴びる時間は無意識に減ってしまい、ビタミンDが不足します。

 

では、対策について説明していきます。

 

 

食事からビタミンDを取り入れる

 

サケやマス、サンマやイワシなどの魚類や、きのこ類にはビタミンDが豊富です。

 

積極的に取り入れましょう。

 

 

寒さを対策しながら日光を浴びる

 

やはり日光は浴びた方が良いです。

 

しかし寒くて中々外に出づらいかと思います。

 

寒くて厚着になりがちですが、少しでも日光を浴びられる箇所を増やしましょう。

 

手のひらだけでも日光を浴びる事で、何もしないよりずっと効果的です。

 

1日15分以上を目安に日光を浴びられるように、散歩や通勤時の歩きを増やすように意識しましょう。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

体調不良や、ケガなどでお困りの際は、家来るドクターへお気軽にご相談ください!

📞050-8880-9898

 

【平日電話受付時間】

17:00~24:00

 

【土曜電話受付時間】

15:00~24:00

 

【日曜・祝日電話受付時間】

9:00~24:00

名古屋・神奈川・千葉・大阪の往診医療機関

画像
画像

往診のご相談・お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

診療時間 月曜~金曜 土曜 日曜・祝日
相談開始時間 17:00~24:00 15:00~24:00 9:00~24:00
往診開始時間 19:00~25:00 18:00~25:00 10:00~25:00

※往診は連携医療機関が対応します

画像

画像

画像

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com