電話相談可能な夜間休日救急往診・自宅診察・訪問診療の特徴| 家来るドクター名古屋・神奈川・千葉・大阪

取材依頼の方へ:080-4533-1546

新着情報

ニキビ予防のための簡単な対策と通院すべき場合

 

ニキビや吹き出物ができにくくなるためには、日常生活での適切なケアが重要です。

今回は、医学的な観点からの対策と通院すべき場合を紹介します。

 

ご家庭で出来る対策

 

毎日の洗顔

朝と夜に、ぬるま湯を使って顔を洗いましょう。

洗顔料は肌質に合ったものを選び、泡立てて優しく洗い、十分にすすぎます。

 

 

適切な保湿

乾燥することで皮脂の分泌が増え、ニキビの原因になることがあります。

保湿クリームや化粧水を使って適度に保湿しましょう。

 

 

食生活の改善

ニキビとの関連が指摘される食品はありませんが、バランスの良い食事を心がけましょう。

野菜や果物、たんぱく質を摂り、栄養バランスを整えることが大切です。

 

 

ストレス管理

ストレスはホルモンバランスを乱し、ニキビの原因になることがあります。

十分な睡眠やリラックスする時間を確保し、ストレスを軽減する方法を見つけましょう。

 

 

日焼け対策

日焼けは皮脂の分泌を促進し、ニキビを悪化させることがあります。

外出時には日焼け止めをしっかりと使用し、帽子やサングラスで肌を守りましょう。

 

通院すべき場合

 

  • 重度のニキビや化膿性の症状がある場合
  • 自己処理がうまくいかず、炎症がひどくなる場合
  • ニキビ跡ができてしまい、気になる場合

以上の場合は、皮膚科の医師に相談することをおすすめします。

専門的な治療や処方薬を受けることで、早期の改善が期待できます。

 

日常生活でのケアを心がけながら、通院が必要な場合は遠慮せずに医師の診察を受けましょう。

健康な肌を保ちましょう!

往診のご相談・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:[平日]17:00-24:00
[土日]15:00-24:00
[日曜/祝日]9:00-24:00
休業日:年中無休

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com