電話相談可能な夜間休日救急往診・自宅診察・訪問診療の特徴| 家来るドクター名古屋・神奈川・千葉・大阪

取材依頼の方へ:080-4533-1546

新着情報

粉瘤について

粉瘤とは

 

粉瘤とは

 

皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢と皮脂が袋の中にたまってしまってできます。

 

たまった垢や皮脂は袋の外には出られず、どんどんたまっていきますので、時間とともに少しずつ大きくなっていきます。

 

身体のどこにでもできますが、顔、首、背中、耳のうしろなどにできやすいです。

 

粉瘤の見分け方

 

数ミリから数センチの半球状のしこりで、中央に黒点があることが多いです。

 

粉瘤の見分け方

 

粉瘤と似た病気との見分け方

 

ニキビとの違い

ニキビは毛穴が細菌に感染してできるものです。

 

粉瘤が炎症を起こし、赤く腫れるとニキビに似た見た目になります。 

 

粉瘤は、袋に老廃物たまっていくため、大きくなりやすく、直径10センチを超えるものもあります。

 

おできやイボとの違い

おできは皮膚の常在菌である黄色ブドウ球菌が感染することによって発症します。

 

体調不良などによって免疫力が落ちると感染が起こります。痛みが早い段階で起こるので、判別しやすいです。

 

粉瘤は外科的な手術でなければ根治できませんが、おできはお薬で治すことも可能です。

 

脂肪腫との違い

脂肪腫とは皮膚の下にできた脂肪の塊で、徐々に大きくなる良性腫瘍です。

 

どちらも悪性化することはほとんどありません。

 

粉瘤について知ってほしい・気をつけるべきこと

 

放置すると大きくなり、悪臭の原因になったり、袋が中で破裂して炎症を起こし、痛みや腫れ、膿が出るなどの症状を引き起こすことがあります。 

 

粉瘤は自然治癒しない

粉瘤は自然治癒しません。小さくてもお薬では治すことはできず、治療は外科手術によるしかありません。

 

粉瘤が悪性化(ガン化)することは稀

粉瘤は基本的には良性の腫瘍ですが、非常に経過が長いものや炎症を繰り返し続けているものの中にはごくまれに悪性腫瘍となってしまうものもあります。

 

自分で潰そうとしない

中央の黒点は皮膚の開口部であり、そこから細菌が侵入して感染を起こすと、赤く腫れ上がり、痛みを伴います。これを炎症性粉瘤と呼びます。

 

菌が侵入すると炎症性粉瘤になる可能性も

炎症性粉瘤は、軽い炎症なら抗生物質を内服すれば炎症はおさまります。

 

しかし、ひどく化膿してしまうと皮膚の下の袋状構造物は破壊され、膿みがたまった状態になります。

 

この場合、抗生物質を内服しただけでは効果が少なく、表面を切って膿をだしたほうがよいことがあります。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています!

 

体調不良や、ケガなどでお困りの際は、家来るドクターへお気軽にご相談ください!

📞050-8880-9898

 

【平日電話受付時間】

17:00~24:00

 

【土曜電話受付時間】

15:00~24:00

 

【日曜・祝日電話受付時間】

9:00~24:00

 

この記事の執筆者


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/medesihma/iekuru-dr.com/public_html/wp/wp-content/themes/res/single.php on line 52

往診のご相談・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:[平日]17:00-24:00
[土日]15:00-24:00
[日曜/祝日]9:00-24:00
休業日:年中無休

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com