取材の依頼はこちら

080-4533-1546

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

痛風が治るまで期間と放置するリスク

痛風が治るまで期間と放置するリスク

投稿日:

痛風が治るまでの期間と放置するリスク

 

痛風が治るまでの期間と放置するリスク

 

こんにちは!家来るドクターです🥰

 

痛風の症状はどれくらいの期間で治まるのでしょうか。

 

症状が治まっただけではダメ?

 

今回は、痛風が治るまでの期間と痛風を放置するとどうなるのか、についてお話します。

 

痛風が治るまでの期間

 

痛風発作は突然始まり、ピークに達するまでに数時間から1日程度かかります。

 

発作が最も強くなるのは通常24時間以内です。

 

数日から数週間で症状が治まる場合が多いです。

 

しかし、それは一時的に炎症が治まっただけで、根本的に治ったわけではありません

 

 

痛風を放置するリスク

 

適切な治療が遅れると症状が長引くことがあります。

 

放置していると次第に発作が増えたり、関節にダメージが蓄積していったりします。

 

また、生活習慣病を合併している場合も多いです。

 

 

まだある?痛風を放置するリスクとは…詳しく知りたい方は記事をチェックしてください!

痛風の症状の特徴や起こりやすい場所とは?原因となる食べ物についても

 

 

体調不良や、ケガなどでお困りの際は、家来るドクターへお気軽にご相談ください!

📞050-8880-9898

 

【平日電話受付時間】

17:00~24:00

 

【土曜電話受付時間】

15:00~24:00

 

【日曜・祝日電話受付時間】

9:00~24:00

名古屋・神奈川・千葉・大阪の往診医療機関

画像
画像

往診のご相談・お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

診療時間 月曜~金曜 土曜 日曜・祝日
相談開始時間 17:00~24:00 15:00~24:00 9:00~24:00
往診開始時間 19:00~25:00 18:00~25:00 10:00~25:00

※往診は連携医療機関が対応します

画像

画像

画像

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com