取材の依頼はこちら

080-4533-1546

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

夏に多い病気について

夏に多い病気について

投稿日:

夏に多い病気

 

夏に多い病気について

 

こんにちは!家来るドクターです😌

 

毎日暑い日が続いてますね💦

 

今年の夏は例年以上に暑いと言われています。

 

今回は、そんな夏に多い病気を3つご紹介します。

 

熱中症

 

真夏の厳しい暑さといえば、熱中症ですね。

 

以下の症状に注意してください。

 

緊急性は次の通りです。

 

一段階目: 立ち眩み、めまい、足つるなど

二段階目: 吐き気、嘔吐、倦怠感など

三段階目: 意識障害、けいれん、呼びかけに反応しない

 

特に三段階目まで悪化すると、命に関わる可能性があるため、すぐに救急車を呼んでください

 

 

食中毒

 

夏では、昼に35℃を超えることもよくあります。

 

9月頃まで高温多湿な状態が続きます。

 

そのような環境の元では、食中毒になる可能性があります。

 

症状としては、

 

✅嘔吐/吐き気

✅腹痛/下痢

 

が一般的です。

 

他にも、発熱や頭痛などの症状も多いです。

 

下痢や嘔吐が長く続くと、脱水症状が生じ、重症化して死に至る危険性があります。

 

 

ヘルパンギーナ

 

ヘルパンギーナは夏の三大感染症の一つです。

 

今年は全国的に流行しています。

 

大人もまれに感染する可能性があるため注意が必要です。

 

発熱が1~3日継続し、喉が赤く腫れ、小さな水疱ができます。

 

水疱は破れて潰瘍になり、喉の痛みや倦怠感、食欲不振を引き起こしますが、通常は軽い症状です。

 

 

🔽その他の夏に多い病気は記事に掲載!ぜひチェックしてみてください!

夏休みに多い病気や怪我とは|病院に行く目安も解説

 

 

体調不良や、ケガなどでお困りの際は、家来るドクターへお気軽にご相談ください!

📞050-8880-9898

 

【平日電話受付時間】

17:00~24:00

 

【土曜電話受付時間】

15:00~24:00

 

【日曜・祝日電話受付時間】

9:00~24:00

名古屋・神奈川・千葉・大阪の往診医療機関

画像
画像

往診のご相談・お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

診療時間 月曜~金曜 土曜 日曜・祝日
相談開始時間 17:00~24:00 15:00~24:00 9:00~24:00
往診開始時間 19:00~25:00 18:00~25:00 10:00~25:00

※往診は連携医療機関が対応します

画像

画像

画像

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com