取材の依頼はこちら

080-4533-1546

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

腹痛の種類と特徴

腹痛の種類と特徴

投稿日:

緊急性の高い腹痛の特徴

 

 

 

腹痛の種類と特徴

 

突然の腹痛💥


トイレだけ行って放置しがちになっていませんか?🚾

 

痛み方によっては大事になる事もあるので、


どのような痛みだったか意識しましょう!

 

今回は「緊急性の高い腹痛の特徴」について!

 

 

なぜ鈍痛が波のように続くのか?

 

腹痛には3つの主要なメカニズムが存在します。

  1. 内臓痛と波のような鈍痛: 内臓痛は腸炎、便秘、腸閉塞などで内臓に力がかかると発生します。消化管の臓器は自律神経によって蠕動運動を行い、これが痛みの波として感じられる要因です。

  2. 体性痛と突き刺すような鋭い痛み: 体性痛は特定の部位に鋭い痛みが集中するタイプです。腹膜に炎症が及んだ状態、例えば虫垂炎や胆嚢炎ではこの鋭い痛みが起こります。

  3. 関連痛と遠隔部位への影響: 関連痛は原因部位と神経で結ばれた別の場所に痛みが現れる現象です。例えば、尿管結石では背中や足の付け根にも痛みが生じることがあります。

 

体性痛は通常、腹膜に炎症が及んだ深刻な腹痛を示す兆候であり、速やかな医療対応が必要です。

 

一方、内臓痛は軽度な場合も多く、経過観察で症状が改善することもあるため、適切な対処が求められます。

 

 

🔽詳細はリンク先で確認できます。

腹痛が起こる・続く原因のまとめ|緊急性の高い痛みの特徴も解説

 

体調不良や、ケガなどでお困りの際は、家来るドクターへお気軽にご相談ください!

📞050-8880-9898

 

【平日電話受付時間】

17:00~24:00

 

【土曜電話受付時間】

15:00~24:00

 

【日曜・祝日電話受付時間】

9:00~24:00

名古屋・神奈川・千葉・大阪の往診医療機関

画像
画像

往診のご相談・お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

診療時間 月曜~金曜 土曜 日曜・祝日
相談開始時間 17:00~24:00 15:00~24:00 9:00~24:00
往診開始時間 19:00~25:00 18:00~25:00 10:00~25:00

※往診は連携医療機関が対応します

画像

画像

画像

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com