取材の依頼はこちら

080-4533-1546

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

コロナ後遺症で関節痛・筋肉痛になる原因

コロナ後遺症で関節痛・筋肉痛になる原因

投稿日:

コロナ後遺症 関節痛・筋肉痛

 

 

コロナ後遺症で関節痛・筋肉痛になる原因

 

熱は収まったけどまだ身体がダルい…😮‍💨


いやこれは痛み…!?

 

コロナはかかってしまった時もつらいですが、その後の後遺症にも注意です⚠

 

今回はコロナ後遺症の関節痛・筋肉痛について!

 

 

新型コロナ後の痛みの理由

 

新型コロナウイルス感染後、関節痛や筋肉痛が続く理由は様々な原因が考えられます。

 

  1. ウイルスの侵入: ウイルスが細胞に侵入し、ACE2受容体を介して細胞内にダメージを与えることで、初期の疼痛が生じます。

  2. 拮抗作用の減少: ウイルスの侵入によりACE2受容体を介する代謝経路が減少し、疼痛を緩和する拮抗作用が弱まります。

  3. 炎症反応: ウイルスに対抗するための炎症反応が身体で起こり、脊髄や神経・筋肉への障害が疼痛を引き起こす可能性があります。

  4. 筋肉損傷: 重症例では長期間の入院や寝たきりが筋肉の衰弱を招き、筋肉痛の原因となります。

  5. 心の影響: 感染後の心的ストレスや疲労が慢性疼痛を引き起こす可能性があります。

 

🔽詳細はリンク先で確認できます。

コロナ後遺症に多い筋肉痛や関節痛の特徴|治療や改善方法を解説

 

体調不良や、ケガなどでお困りの際は、家来るドクターへお気軽にご相談ください!

📞050-8880-9898

 

【平日電話受付時間】

17:00~24:00

 

【土曜電話受付時間】

15:00~24:00

 

【日曜・祝日電話受付時間】

9:00~24:00

名古屋・神奈川・千葉・大阪の往診医療機関

画像
画像

往診のご相談・お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

診療時間 月曜~金曜 土曜 日曜・祝日
相談開始時間 17:00~24:00 15:00~24:00 9:00~24:00
往診開始時間 19:00~25:00 18:00~25:00 10:00~25:00

※往診は連携医療機関が対応します

画像

画像

画像

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com