取材の依頼はこちら

080-4533-1546

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

【最新】新型コロナ陽性者の自宅療養期間短縮及び濃厚接触者の待機期間について

【最新】新型コロナ陽性者の自宅療養期間短縮及び濃厚接触者の待機期間について

投稿日:

政府は9月7日に新型コロナ陽性者のさらなる療養期間短縮(10日→7日)を決定しました。

 

この変更は9月7日(水)から有効であり、同日時点でコロナ陽性の患者様にも適応されます。

 

この機会に改めて、新型コロナの濃厚接触者・陽性者の待機・隔離期間を確認しておいてください。

 

 

電話相談・往診のご依頼はこちら

 

新型コロナ感染症(COVID-19) 陽性自宅療養者様の往診対応エリアはこちら

 

 

 

新型コロナ陽性者の自宅療養期間短縮

 

もし新型コロナに感染したら…

 

①無症状あるいは軽症→入院ではなく、基本的に自宅療養

 

②重症化リスク因子がある→宿泊療養

 

 

 

 

 

(出典:Yahoo!JAPANニュース)

 

 

最近は、軽症者は発生届を提出しなくてもよい自治体もあり、自治体によって対応が異なるため、お住まいの地域の自治体のHPを確認しておきましょう。

 

9月7日に、陽性者の療養期間が短縮されました。

 

無症状の場合→検体採取日を0日目とし基本的には8日目から解除となります。

 

ただし、5日目に検査キットで陰性を確認すれば6日目から解除となります。

 

診断時に無症状だった人が途中で新型コロナを発症した場合は発症日を0日目と再度設定し、有症状陽性者扱いとなります。

 

有症状の場合、入院している場合と入院していない場合で療養期間が変わります。

 

①入院している→従来と同じように発症日を0日目とし症状軽快から72時間経過していれば11日目に解除

 

②入院していない→発症日を0日目とし症状軽快から24時間経過していれば8日目に解除

 

濃厚接触者の自宅待機期間は現行の5日間

 

 

(出典:Yahoo!JAPANニュース)

 

濃厚接触者の定義は長らく変更ありません。

 

濃厚接触者とは、新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と近距離で接触、あるいは長時間接触し、感染の可能性が相対的に高くなっている方です。


令和4年7月から濃厚接触者の待機期間は、最終接触日を0日目として5日間(6日目解除)が原則です。

 

しかし、2日目及び3日目に抗原定性検査検査で陰性を確認した場合、社会機能維持者であるか否かに関わらず、3日目から待機解除が可能です。

医療従事者が濃厚接触者となった場合は3日間勤務前に抗原定性検査を行えば、連日勤務可能となりました。

 

濃厚接触者の待期期間

 

濃厚接触者の待期期間

 

 

 

電話相談・往診のご依頼はこちら

 

新型コロナ感染症(COVID-19) 陽性自宅療養者様の往診対応エリアはこちら

 

 

 

 

画像

画像

画像

このエリアの往診医療機関

画像
画像

往診のご相談・お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

診療時間 月曜~金曜 土曜 日曜・祝日
相談開始時間 15:00~24:00 15:00~24:00 9:00~24:00
往診開始時間 19:00~25:00 18:00~25:00 10:00~25:00

※往診は連携医療機関が対応します

画像

画像

画像