電話相談可能な夜間休日救急往診・自宅診察・訪問診療の特徴| 家来るドクター名古屋・神奈川・千葉・大阪

取材依頼の方へ:080-4533-1546

新着情報

捻挫(ねんざ)の疑問解決!

捻挫を早く治す方法

 

 

 

捻挫(ねんざ)の疑問解決!

 

こんにちは!家来るドクターです😉

 

  • 「足ひねったけど痛みはあまり無いし、病院いくべき?」
  • 「どういう処置をすればいいの?」

 

等、いざという時の疑問を解決👍

 

今回は捻挫 について!

 

 

 

捻挫してしまった時の病院へ行くべき基準

 

捻挫は軽度のものから重度のものまでさまざまですが、以下のケースでは病院受診を検討しましょう。

 

  1. 痛みや腫れがひどい。
  2. 足首に変形がある。
  3. 足をかけられない。
  4. 靭帯の断裂の可能性がある。

 

特に足首に変形がある場合や靭帯の断裂が疑われる場合は早急な受診が必要です。

 

歩ける場合でも、後日整形外科専門医を受診し、サポーターを着用することが勧められます。

 

土日や夜間は専門医の診察が難しいこともあるため、患部を安静にし、早めの受診を検討しましょう。

 

湿布やテーピングの併用が効果的な場合もあるので、注意深く対処しましょう。

 

 

捻挫を早く治すためにできること

 

足首を捻挫した際、早期の対処が重要です。怪我の程度にかかわらず、以下の方法を試すことで回復を促進できます。

 

RICE処置:

  • 「Rest(安静にする)」
  • 「Ice(冷却する)」
  • 「Compression(圧迫する)」
  • 「Elevation(挙上する)」

の頭文字から成ります。

 

怪我の直後から、安静にし、患部を冷やし、圧迫包帯を巻き、足を心臓よりも高く上げましょう。

 

これにより、腫れや痛みが軽減します。

 

捻挫は早期に対処すれば、回復までの時間を短縮できます。

 

怪我をしたら、適切な処置を行い、医師の指導に従い、完全な回復を目指しましょう。

 

 

🔽詳細はリンク先で確認できます。

捻挫で歩けるけど痛いときは病院に行くべき?重症度チェックも紹介

 

体調不良や、ケガなどでお困りの際は、家来るドクターへお気軽にご相談ください!

📞050-8880-9898

 

【平日電話受付時間】

17:00~24:00

 

【土曜電話受付時間】

15:00~24:00

 

【日曜・祝日電話受付時間】

9:00~24:00

往診のご相談・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:[平日]17:00-24:00
[土日]15:00-24:00
[日曜/祝日]9:00-24:00
休業日:年中無休

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com