取材の依頼はこちら

080-4533-1546

 

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

子供が頭をぶつけた場合の対処方法TITLE

子供が頭をぶつけた場合の対処方法
  • 投稿日:
  • 更新日時:

画像

こんにちは。家来るドクターJAPAN代表の不破です。今回は、休日や夜間に大切なお子様が、「頭をぶつけた場合」すなわち「頭部外傷」の対処方法についてお話します。

小さなお子さんが頭をぶつけてしまう時期は、ちょうど歩き始めたり、何かによじ登ったりする頃が多いです。

この時期はまだうまく言葉が話せず、親御さんに分かりやすく症状を伝えることはできません。

診察する医師も、親御さん以上にコミュニケーションを取れません。また症状が現れにくいというのも頭を悩ませる原因になります。

そんなとき、医師が、大切なお子さんのどこを見ながら緊急度が高いかどうかを判断しているのかを簡単に解説し、休日診療あるいは夜間診療に行くべきかについて解説したいと思います。

 

頭を打ったときに気をつけるべき症状

まずは意識を見る

・ぼんやりしている、あるいは意識がない、元気がない

・話しかけても反応が乏しい

・顔色が悪い

・元気よく泣かない

・けいれんがある

 

これらは、頭をぶつけたあとに脳にダメージがあるかどうかを簡便に見分けられる方法です。

私たちが診療に当たるときも、このような症状がないか親御さんによく質問します。

普段いつも一緒に過ごしている親御さんからみて、お子さんの様子や受け答えに、いつもと違う様子がないか、よく観察してください。

意識以外の症状

・吐いている

・ご飯を食べない、ミルクをあまり飲まない

・呼吸が乱れている、苦しそう

・手足の動きがいつもと違う

 

これらも脳にダメージがあった場合に出現する症状であるため、重症の頭部打撲かどうかを分かりやすく判定できる指標です。

上記のような症状がある場合、救急病院へ受診し適切な診察、検査を受けたほうがよいでしょう。

ちなみに、大人においてもこれらの症状は多くが共通しています。

 

難しいのはこれらの症状が出なかった場合です。

小さなお子さんでは、症状が現れにくく、診療を難しくする要因となっています。

したがって、頭部打撲後は、上記のような症状がなくても、少なくとも一日は注意してお子さんの様子を観察する必要があります。

なかには時間が経ってから、重い症状が出現したというケースもあります。

 

CT検査について

CTとは?

CTはComputed Tomographyの略で、日本語で、コンピューター断層撮影、と訳されます。

皆さんのよく言うCTというのはX 線を使ったもので、正式にはX線CTと言います。

これはX線を体に当てて、X線吸収を画像化する手法です。言葉にすると難しいですね。さて、頭部外傷におけるCTでの大きな役割は、

・骨折

・出血(脳挫傷、くも膜下出血、硬膜下血腫、硬膜外血腫など)

・その他

を診断することです。CTでは必ずしも全ての頭部外傷の診断を網羅できるわけではありませんが、その簡便さから好まれる検査です。

どんなときにCTを撮るの?

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、CTは放射線の被ばくを伴う検査です。

したがって、不要な放射線被ばくは避けるべきです。

実は、小児の頭部外傷については、欧米からガイドライン[1-3]がいくつか提言されています。

 

小児の頭部外傷においてCTを撮るかどうか悩ましい事が多く、これらのガイドラインではCTを受けるべきかどうかを議論しています。

多くの病院の先生はこれらに沿ってCTが必要かどうかを判断されていることが多いようです。

 

これらのガイドラインは、ぱっと見ると内容は難しいです。

しかし簡単に言えば、重い症状が現れている場合には、その症状がない子供よりも頭の中で異常をきたしている可能性が高く、とくにその簡便さや、頭蓋内の観察に優れているCTを撮ったほうが良いということなのです。

 

また診断結果によって行うべき治療も変わりますので、CTの重要性は非常に高いと言えます。

 

検査はいくら掛かるの?

検査費用

3割負担と想定した場合、緊急で撮影されたCTは、造影剤という薬を使わないもので約5,000円です。

 

ここに緊急で救急病院を受診した際の加算として、約3,500円〜7,500円が上乗せされ、さらに診療費やその他もろもろの処置費が加わり最終的に20,000円近くかかります。

 

小児の場合は、未就学時は2割の自己負担であるため、この値段よりは安くなります。各自治体によって医療費負担を軽減する策が講じられているため、負担額は一律ではなく、この場で詳しくお答えできないことをご了承ください。

 

またCTは高度医療機器であるため、訪問にて診療を行う家来るドクターではその場でCT検査を行うことはできません。

 

検査の必要性について往診にて判断し、重症と判断されれば然るべき医療機関にご紹介いたします。

 

おわりに

 

今回、小さなお子さんで悩ましい「頭をぶつけた」「頭部外傷」についてお話しました。

症状の重さによって、休日診療、夜間診療、救急病院に行くべきかを判断するのが良いでしょう。しかしやはり「よくわからない!」という方も多いと思います。そのような場合には家来るドクターにご相談下さい。

他の記事はこちら

休日や夜間に胸痛の症状が出た場合の対処方法|鑑別疾患など

 

参考文献

1.Kuppermann N, et al. Lancet 2009; 374: 1160–70.

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0140673609615580

2.Bialy L, et al. Pediatr Emerg Care. 2018 Feb;34(2) 138-144.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29189589/

3.Dunning. J, et al. Arch. Dis. Child., 2006.

https://ep.bmj.com/content/100/2/97

 

監修:不破 英登

プロフィール:医師,放射線診断専門医
2009年 愛知医科大学卒業
2009年 津島市民病院
2011年 名古屋第二赤十字病院  放射線科

2016年 名古屋市立大学病院  放射線科

2018年 豊田若竹病院  放射線科

画像

画像

画像

画像
画像

往診のご相談・お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

診療時間 月曜~金曜 土曜 日曜・祝日
相談開始時間 15:00~24:00 15:00~24:00 9:00~24:00
往診開始時間
(連携医療機関対応時間)
19:00~25:00 18:00~25:00 10:00~25:00

画像

画像

画像