取材の依頼はこちら

080-4533-1546

 

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

喉に刺さった魚の骨の対処方法や、放置するとどうなる?病院行くべき?何科?TITLE

喉に刺さった魚の骨の対処方法や、放置するとどうなる?病院行くべき?何科?
  • 投稿日:
  • 更新日時:

まずはじめに、皆さま魚はお好きですか? 

日本は世界に誇る寿司文化もあり、美味しいお魚がたくさんありますし、美味しい調理方法もたくさんあって、日本の大半の方はお好きなのではないでしょうか。ただそんな美味しいお魚を食べた後に、喉に魚の骨が刺さって、痛くてつら~い思いをした経験ありませんか?

 

『白いご飯を丸のみすれば治るよ。』 

『いずれ骨は溶けるから大丈夫だよ。』

 

など聞いたことありませんか?

それでもし改善すれば本人にとって良い治療法なのかもしれませんが、本当にそれで大丈夫なのでしょうか? 

医師の立場からこれらの対処の危険性についてお伝え出来たらと思ってます。

 

 

魚の骨が喉に刺さった時の対処方法は?

 一度うがいをして、水は飲み込まずに外に出して魚の骨が確認出来て、痛みが改善すればそれでよいと考えます。

ただ最初に申し上げておくと、『白いご飯を丸のみ』、『骨はいずれ溶ける理論』はどちらも止めた方が良いと断言させて頂きます。もしそれで、喉の痛みが改善して、数日たっても何も症状が起きないのであれば大丈夫なのですが、魚骨を誤飲してしまうリスクについても知っていなければなりません。  

 

想像してみてください。

喉の粘膜に刺さって取れなくなった太い魚の骨が偶然、何かを丸のみすることで取れたとします。そこから魚の骨は食道、胃、小腸、大腸を通って便となって排出されます。その間でそれぞれの臓器が損傷されたらどうなるでしょう。粘膜が傷ついて膿んでしまったり(膿瘍化)、傷ついた所から穴が空いてしまったり(穿孔)することが簡単に想像が出来ますよね。

もちろん胃酸による消化作用があることは考えられますが、骨の全てが消化されるわけではないので、やはりこのような事態になってしまうケースがたまにあるんですよね。

是非何かを丸のみすることは裏技にはならないので、一旦うがいをしてみることをオススメします。

自分で取ったり、抜いたりしても良い?

 もし口を開けて刺さっている箇所が見えるのであれば、僕の個人的な見解ではありますが大人であれば取ってもよいと思っております。 ただいざ見えても抜くことが困難なことが多いので医療者に取ってもらうことをオススメします。 なぜ難しいかは図をもって説明しますね。

 

人間の口の中は模式図のようになっております。 

ご自身の口の中を、鏡でみてみてください。同じように見えるはずです。口蓋垂(いわゆるのどちんこ)が真ん中にみえ、その両脇に存在しているのが口蓋扁桃になります。

世間一般で言われる扁桃腺とはこの口蓋扁桃のことで、実は扁桃腺は口周りに咽頭扁桃(アデノイド)、舌扁桃など色々あるんですよ。この口蓋扁桃が異常に大きい方がいたりしますので、小さい方に比べてこの場所に魚骨が刺さっていることが多いです。また小児は大人と比べ口の中の大きさも小さく、この口蓋扁桃は実は3~6歳をピークに最大の大きさになると言われており、成人と比べ刺さりやすいです。

どうでしょう?口の中が見えていれば自分でも取れそうと思われるかもしれないのですが、これがなかなか難しいのです。 まず舌べろが邪魔をして奥が見えないんです。舌をよけることが出来る方や口蓋垂を器用に挙げるなどの操作ができる方はいいのですが、なかなか難しいので医療者は舌圧子という舌を抑える器具を使い口の中をみます。さらに光が入らないと、口の中はみれません。なのでペンライトのような光媒体が必要です。

つまり左手に舌圧子、右手にペンライトを持ってしまうと両手がふさがってしまい、肝心な魚骨をとることが出来ないんです。なので耳鼻科医は額帯鏡(CDみたいなものを頭に巻いているアレです)を用いて、ペンライトを持たないように右手をフリーにして、処置を行えるようにしているんですね。

無理やり取ろうとすると咽頭反射がおき嗚咽が激しくて、上手く魚骨が取れなく、傷口を大きく広げてしまうことや、上手くつかめず取れてしまい、誤嚥して気管の中に入ってしまうことも考えられます。また対象が子供であればなおさら危ないので、医療機関での除去をお勧めします。

 

また口からは見えないのですが、舌べろの奥の舌根部と言われる箇所、下咽頭梨状陥凹部にもささることが多いです。これらの場所は口からは見えないため、鼻から内視鏡といったカメラを挿入し、目視で確認しながら除去を行います。

 

 

放置しても良い?放置する危険性は?

放置はダメです。絶対に。

まず放置していても溶けてなくなることはなく、偶然取れることはあるかもしれませんが、魚の刺さった箇所がどんどんと深くなっていく可能性もあり、膿瘍を形成したりすることがあります。そうなってしまった場合は、鼻から内視鏡を挿入して取ることが不可能になってしまうことがあり、全身麻酔で手術を行う可能性もありますので、魚の骨がのどに刺さった場合は出来るだけ早く除去をしてもらうことをオススメします。

自宅でできる対処法

うがいをする

 

まずは自宅でうがいをすることをおすすめします。決して無理にごっくんと嚥下しないようにしてくださいね。 口蓋扁桃に刺さっている時に、うがいをしているとたまに取れる可能性はありますので試してみる価値はあると思います。

唾を飲む

あえて唾を飲むことを推奨はしないです。やはり骨が深く刺さってしまう可能性があり、悪化するかもしれないからです。

また、魚の骨が刺さっている時に唾をごっくんすると痛くないですか? それは骨が粘膜に刺さって、深く傷つけるために痛みが増していると考えられますよね。

人間は生きていれば無意識的に嚥下をしてしまうので、絶対に止めるようにはできませんが、あえて意識的に唾を飲むことはオススメしません。

ツボを押す

整体師やツボ押し名人の方は手のツボを押すことで改善するという方もおられるようですが、原則から考えられないのではと僕は思っております。

すぐに病院に行くべき症状

咽頭痛が続く

魚の骨がとれさえすれば咽頭痛はすぐに消失します。 なので痛みが持続しているということは骨が刺さっていると考えられるので病院への受診をお勧めします。

熱が出る、首が腫れる

もし魚の骨が刺さっているのを放置しており、発熱や首が腫れるような症状があれば、すぐに病院受診をお願いします。 膿を作っている可能性もあり、魚の骨が深い場所にあれば緊急で手術を行う必要もある危険な状態です。すぐに病院受診をお願いします。

病院や家来るドクターでできる治療

 魚の骨を取ることは耳鼻科でないとなかなか難しいと考えます。また口蓋扁桃に刺さっている場合は開業医の耳鼻科でも問題なく取ってくれるとは思いますが、内視鏡を使用しての魚骨抜去は高次医療機関の耳鼻科でないと行えないことがあります。

家来るドクターでは舌圧子やペンライトを用いて口の中を見ることができます。また緊急性の判断に関しても医者の視点からお伝えすることも可能です。魚の骨が刺さることはお子様にやはり多いです。

患者様のご協力も得られ、目に見える箇所にあれば除去も可能ですので、判断に迷われたらお気軽に一度ご連絡くださいね。一緒に治していきましょう。

魚の骨が刺さらないための予防方法

 実際に僕自身が外来で患者さまにどうしたら魚の骨が刺さらなくなります?と聞かれた時には『よく噛んで食べるほかないです。』とお伝えさせて頂いています。何回も噛んだとしても10㎜程度の小骨が喉に刺さることもありますので、小骨だから飲み込んで大丈夫とは思わずにより慎重に食べて頂くことをお願いしています。

まとめ

 一度は魚の骨が喉に刺さった経験がある方は多いかと思いますが、危ない民間療法はやめて、痛みに我慢せずに病院にかかることをお勧めします。

 

役立つ医療の最新情報発信しております。

フォローよろしくお願いいたします!

 

 

 

参考文献:井上 なつき CT検査にて検出困難な魚骨異物症例の検討:耳展 60:4;189~195,2017

 

この記事の監修医師
朝岡 龍博

西春内科・在宅クリニック 耳鼻科 朝岡 龍博副院長

プロフィールはこちらを参照してください。

画像

画像

画像

画像
画像

往診のご相談・お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

診療時間 月曜~金曜 土曜 日曜・祝日
相談開始時間 15:00~24:00 15:00~24:00 9:00~24:00
往診開始時間 19:00~25:00 18:00~25:00 10:00~25:00

※往診は連携医療機関が対応します

画像

画像

画像