取材の依頼はこちら

080-4533-1546

 

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

突然耳が聞こえにくい・耳が詰まったような感じがする原因と治し方TITLE

突然耳が聞こえにくい・耳が詰まったような感じがする原因と治し方
  • 投稿日:
  • 更新日時:

急に耳がボーンやツーンとなって耳が聞こえにくくなったことないですか?

 

一瞬の出来事の場合もありますし、しばらく症状が続くこともありますよね。

 

そのような状態になってしまった時に一生この症状のままだったらどうしよう?

このまま生きていけるかな?って思った経験はないでしょうか?

 

今回は耳が聞こえなくなる原因や病気、対処法についてお話させて頂けたらと思ってます。


耳が聞こえなくなった時の考えられる原因

耳垢などの異物

耳垢(みみあか、じこう)って皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

耳の穴に溜まる汚いモノと考えて、毎日耳掃除したりしてませんか?

耳垢は外耳道、鼓膜の表皮部分が新しく新生することで生じる皮膚のカスになります。

 

基本的には外に、外に出ていくので耳垢は耳内にたまりにくくなっています。掃除も2週間に1度程度で問題ないです。

毎日掃除される方でも、耳垢を間違って押し込んだりして、詰まってしまう方もいらっしゃいますし、外耳道をこすりすぎることで外耳道が腫れてしまい詰まる症状の原因となる方もいます。

 

稀に耳垢が耳の構造上溜まりやすい方もいらっしゃるため、定期的に耳掃除をしないと耳垢が詰まってしまう方もいらっしゃいます。

またビーズや虫などが耳の中に間違ってはいってしまうことがあります。

 

これらは一度入ってしまうと、耳鼻咽喉科にて適切な器具を使わないと周囲を傷つけてしまうことがあるため注意が必要です。

 

関連記事:耳垢を放置するとどうなる?耳掃除は必要? 気をつける病気や対処法について

ストレス

過度なストレスがかかることで、急に耳が聞こえにくくなる方もいます。

 

メニエール病や突発性難聴が代表とされる急な難聴はストレスが主な原因と言われており、早急なストレス改善が必要と考えられています。

鼓膜の損傷

外傷性に鼓膜が傷つくことで聞こえが悪くなることがあります。

 

鼓膜というのは太鼓の役割をしている場所になり、穴があいたりすることで音の響きが悪くなり、難聴の症状をきたします。

騒音

ライブハウスや映画を見た後に耳がボーンとしばらくなり響くことはないでしょうか。

 

これは音響外傷といい、大きな音が短時間で鳴り響くことで、高い音が一時的に聞こえにくくなることで起きる現象です。

大きな音が鳴り響く職場や環境に居続けることで騒音性難聴といった、一部の高い音だけが聞き取れない病気になることがあります。

老化

年をとると耳が遠くなると聞いたことがあると思いますが、実際に年齢を重ねると同時に聴力も同様に老いてきます。

 

これを加齢性難聴、老人性難聴といいます。

加齢性難聴の特徴として高い音から順に聞こえにくくなっていきます。

 

老人がモスキート音といった高い音が聞こえないというのはこれが理由ですね。

薬などの副作用

実は難聴をきたす薬は多岐にわたります。

 

代表的な薬でいうとフロセミドといった降圧薬、結核に対する薬であるストレプトマイシンなどがあります。

また抗がん剤にも難聴が生じる薬もあるため、何か新しい薬を始めた後に難聴が生じているかをチェックしておくことが非常に重要になります。

 

耳が聞こえなくなった時の考えられる病

中耳炎

中耳炎が起きると耳は必然的に聞こえにくくなります。急性中耳炎について以前記事を書かせて頂きました。

 

関連記事:中耳炎についての詳細はこちら

 

こちらの図をみながら音の伝わり方を考えると分かりやすいです。

 

音は耳を通じて集音され、鼓膜を響かせ、中耳にある耳小骨を通じて音を増幅させ、内耳にある聴神経に信号を伝えます。

この中耳にある耳小骨の周りが膿だらけであったり、液体があったりしたら、音の振動が伝わりにくくなりますよね。

 

なので中耳炎が原因の難聴のことを伝音難聴と呼んだりします。

外耳炎

音は外耳道を通って鼓膜に到達しますが、外耳炎がひどくなり、耳の通り道がすごく狭くなっている方がいます。

 

そのような方は難聴の症状をきたします。

 

外耳炎の多くの原因は綿棒で耳を掃除しすぎなことが多いです。

メニエール病

この病気は一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか。

 

30~50歳代の女性に多く、回転性のめまい発作が反復してみられることが特徴です。

 

発作時に悪心、耳鳴、難聴、耳閉塞感を伴います。

 

また聴力検査で低音障害型の感音難聴を認めることも特徴的です。

病態としては内耳といった箇所に水ぶくれ(内リンパ水腫)がおき、内耳神経を圧迫することでめまいや難聴が起こるとされています。

 

神経質や几帳面な方に多い病気であり、ストレス性の病気とも考えられています。

一時的には聴力も回復することは多いですが、同症状が繰り返すことで、低音部より徐々に難聴が進行していきますので、早期より治療介入することが必要と考えられています。

 

突発性難聴

こちらも聞いたことは一度は聞いたことありますでしょうか。

 

芸能人が病気になりよく報道されることが多い病気です。

 

突然発症する一側性の原因不明な高度感音難聴のことを突発性難聴といいます。

50~60歳代の方が多く、突然耳が聞こえなくなり、めまいや吐き気が生じ、耳の閉塞感などの症状を認めます。

 

原因は分かっておらず、ストレスやウィルス感染などが原因と考えられています。

内耳炎

内耳といわれる、聴神経がある箇所が炎症を起こすと内耳炎を認めます。

 

多くはウィルスが原因であることが多く、先天性といった生まれつきのウィルスだと風疹ウィルス、サイトメガロウィルスが代表されます。

妊娠前に風疹ワクチンを接種するように推進されているのはこれが理由です。

 

また後天性のウィルスとしてはムンプスウィルス(おたふく風邪)、水痘帯状疱疹ウィルス、麻疹ウィルスによるものが代表的です。

聴神経腫瘍

聴神経のSchwann細胞に由来する良性腫瘍(神経鞘腫)のことで成人に好発します。

 

初期症状としては耳鳴、難聴があり、腫瘍増大することで他の神経が障害され、顔面の感覚障害、顔面の痙攣やめまい症状が出たりします。

さらに進行すると、頭痛などの脳の症状が生じることになります。

 

MRIなどを撮影することで診断されるケースが多いです。

機能性難聴

機能性難聴とは器質的障害のない難聴のことです。

 

心的原因によって起こる心因性難聴と、故意に難聴症状を訴える詐聴に分けられます。

 

まず心因性難聴は病気という認識を持ってください。

 

心因性難聴は特に女児の学童に多く、学校生活や家庭内のストレスが原因となることが多いです。

本人が訴える症状の多くは両側性の難聴であり、他に耳鳴、耳閉塞感、耳痛、めまいなどを同時に訴えることがあります。

 

しかし聴力検査などの検査を行うことで、検査結果に矛盾点があることで診断に至ることが多いです。

 

実際には聞こえているのに、本人は聞こえていないと感じてしまっているという病気になります。

しっかりとストレスなどを順に解消していくことや子供の訴えを傾聴することで改善するケースが多いので、治療にも家族の力が必要です。

 

それに比べて詐聴は悪質です。

 

実際に聞こえているにも関わらず難聴を装う行為のことです。

保証や交付金を得ようとするために難聴を装います。

 

詐聴による身体障害者手帳2級の不正取得、不正受給が問題となり、現在2級以上を申請する場合は他覚的検査が必須となり、詐聴による不正受給は減少しております。

【自分や家族のために】認知症の症状や種類について

 

自宅でできる対処方法

まずは落ち着いてください。急に耳が聞こえにくくなってしまい、大変不安にかられると思います。

 

一生聞こえないままなのではないかと誰しもが思ってしまうでしょう。

メニエール病や突発性難聴が頻度としては多いですが、それらはストレスが原因となっているのではないかと言われております。

 

しっかりと適切な加療を行えば大丈夫と自分で思うことも非常に重要になります。



すぐに病院に行くべき症状

難聴がある場合は早期加療をお勧めします。

 

難聴の原因が検査をしても分からないことも多々あり、突発性難聴として加療されることも多く、他の病気も含め早期治療により聴力悪化を防ぐことができるため、早期治療を行うことをお勧めしております。

夜間だと病院が空いていなかったり、土日であれば病院がやっていないこともあり、不安にさらに駆られることと思います。

 

家来るドクターではご自宅に訪問し診察させて頂き、必要な加療を行うことができます。

予防方法

メニエール病や突発性難聴に準じた話しにはなりますが、まずはストレスになっている生活から開放されることが必要です。

暴飲暴食などをさけ、夜更かし当はせずに充分な睡眠を確保してみてください。

 

適度な有酸素運動や水分補給を行うことも発作などの予防につながります。

まとめ

今回は急に耳が聞こえにくくなるといった症状について疾患も含めてお話しさせて頂きました。

 

耳が唐突に聞こえにくくなることなんて今まで経験したことがないことなので、非常に不安に駆られるかと思いますが、家来るドクターにご相談頂ければ適切なアドバイスが出来ると思いますし、この記事が不安を少しでも取り除ける一助になれたら幸いです。

役立つ医療の最新情報発信しております。

フォローよろしくお願いいたします!

 

この記事の監修医師
朝岡 龍博

西春内科・在宅クリニック 朝岡 龍博副院長プロフィールはこちらを参照してください。

画像

画像

画像

画像
画像

往診のご相談・お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

診療時間 月曜~金曜 土曜 日曜・祝日
相談開始時間 15:00~24:00 15:00~24:00 9:00~24:00
往診開始時間 19:00~25:00 18:00~25:00 10:00~25:00

※往診は連携医療機関が対応します

画像

画像

画像