取材の依頼はこちら

080-4533-1546

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

食べ過ぎて気持ち悪い時の対処法や原因を解説!次の日の過ごし方は?

食べ過ぎて気持ち悪い時の対処法や原因を解説!次の日の過ごし方は?
  • 投稿日:
  • 更新日時:

食べ過ぎ

 

本記事では、多くの人が経験するであろう「食べ過ぎ」についてお話ししたいと思います。

 

美味しい食事は私たちの日々の生活に喜びをもたらしますが、時にはその楽しさが過ぎてしまい、食べ過ぎて体調を崩してしまうこともあります。

 

特に、旅行先やお祭り、友人や家族との食事会や飲み会などで、ついつい普段より食べ過ぎてしまった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

この記事では、食べ過ぎによって引き起こされる不快な症状の種類やその原因と、対処法についてわかりやすく解説します。

 

この記事が、皆様の健康的な食生活に役立つ情報となれば幸いです。

 

それでは、食べ過ぎに関する様々な情報を、一緒に見ていきましょう。

 

解熱剤のことなら家来るドクターに相談△

現在は、愛知神奈川大阪で救急往診可能!

 

食べ過ぎたら具合が悪くなる原因

 

食べ過ぎ

 

食べ過ぎが体調不良の原因になることはよく知られていますが、その背後にはいくつかの生理的なプロセスが関与しています。

 

ここでは、食べ過ぎがどのようにして様々な不快感を引き起こすのかを探ります。

 

胃の過剰な拡張

一度に大量に食べると、胃が過剰に拡張し、胃壁に圧力がかかります。

 

これは胃痛や不快感の直接的な原因となり、時には吐き気を引き起こすこともあります。

 

胃は一定量の食物を消化するために設計されており、その限界を超えると正常な消化活動が困難になってしまいます。

 

消化酵素の不足

大量の食物を十分に消化するには、相応の量の消化酵素が必要です。

 

食べ過ぎると、これらの消化酵素が不足し、食物の分解と吸収が遅れることになります

 

これにより、胃もたれや消化不良といった症状を引き起こし、さらには腹痛や下痢といった症状が生じることもあります。

 

血糖値の急上昇

特に炭水化物や糖分が多い食事を大量に摂ると、血糖値が急激に上昇します。

 

これにより、体はインスリンの分泌を増やし、血糖を急速に降下させようとします。

 

この急激な血糖値の変動は、疲労感や頭痛、またはイライラといった症状を引き起こす可能性があります。

 

脂肪分の過剰摂取

高脂肪の食事を摂り過ぎると、体は脂肪分を効率良く処理できなくなります。

 

これは胆嚢や肝臓といった消化器系に負担をかけ、消化不良や胸焼けを引き起こすことにつながります。

 

また、脂肪分の高い食事は消化に時間がかかり、胃の中に長時間留まることが多いです。

 

精神的な影響

食べ過ぎは、精神的な不調を引き起こすこともあります。

 

食べ過ぎた後に感じる罪悪感や不安がストレス反応を引き起こし、心理的な不快感に繋がることがあります

 

また、過食が繰り返される場合、食べることに対する罪悪感や嫌悪感の波が生じる可能性があります。

 

食事の量を適切に調節し、できるだけ栄養バランスの取れた食事を心がけることで、これらの問題を予防することができます

 

関連記事:腹痛に即効性のある薬を選ぶポイントや飲むタイミング、頻度を解説

 

解熱剤のことなら家来るドクターに相談△

現在は、愛知神奈川大阪で救急往診可能!

 

食べ過ぎた時の主な症状

気持ち悪くなる

 

食べ過ぎ

 

食べ過ぎによって、「気持ち悪くなる」という症状は、多くの人が経験するものです。

 

まず、食べ過ぎると胃が過度に拡張し、胃壁が圧迫されます。

 

これが吐き気の感覚を引き起こす一因となります。

 

胃の中の食物が正常に消化されずに滞留することで、胃の中で発生するガスが吐き気を引き起こすこともあります。

 

さらに胃が食物でいっぱいになると、消化に必要な胃酸や消化酵素が十分に分泌されないことがあります。

 

これにより消化不良が起こり、胃が重だるく感じる「胃もたれ」が発生することもあります。

 

また、食べ過ぎにより胃酸が過剰に分泌されると、その一部が食道に逆流することがあります。

 

これが胸焼けの原因となり、不快な焼けるような感覚を引き起こします。

 

そして、食べ過ぎは消化器官に負担をかけるだけでなく、全身のエネルギーを消化活動に向けるため、全身のだるさや疲労感を感じることがあります。

 

特に、糖質が多い食事や高脂肪の食事を摂ると、血糖値の急激な変動により疲労感が増すことがあります。

 

これらの症状は、食べ過ぎが身体に及ぼす直接的な影響を示しています。

 

これらの不快な感覚は、身体が「もう食事は十分だ」というサインを送っていることを意味しており、食事量の調整やバランスの取れた食生活の重要性を教えてくれます

 

食べ過ぎによる気持ち悪さを防ぐためには、普段から食事量をコントロールし、食事のバランスに注意を払うことが大切です。

 

下痢

 

食べ過ぎ

 

食べ過ぎが原因で下痢を引き起こすことは、特に大量の食事や特定の種類の食物を摂取した後によく見られます。

 

この現象を理解するためには、食べ過ぎが消化器系に与える影響を知ることが重要です。

 

食べ過ぎによって消化器系は過度な負担を受けます。

 

大量の食物が胃と腸に入ると、消化器官はこれを処理するために通常よりも多くの働きをする必要があります

 

しかし、消化器系の能力には限界があり、過剰な量の食物を効率よく消化することができない場合があります。

 

さらに、食べ過ぎると食物の消化が不完全になりやすくなります。

 

特に、脂肪分が高い食物や繊維質が多い食物は、消化が難しいため、これらが大量に摂取されると消化器官に負担をかけ、下痢を引き起こす原因となります。

 

また過度な食事は腸内細菌のバランスを崩すことがあります。

 

健康な腸内環境は多様な微生物によって維持されていますが、食べ過ぎによってこれらの微生物のバランスが崩れると、腸の動きが過活動になり、下痢を引き起こすことがあります。

 

特定の食物に含まれる刺激物質が下痢の原因となることもあります

 

例えば、辛い食物や特定の香辛料、カフェインなどの摂取は、腸を過剰に刺激し、下痢を引き起こすことがあります。

 

その他にも、食べ過ぎは心理的なストレスを伴うことがあり、これが消化器官の機能に影響を与えることがあります。

 

ストレスは腸の動きを速め、下痢を引き起こす可能性があります。

 

これらの要因により、食べ過ぎは下痢という形で体に影響を及ぼすことがあります。

 

下痢は、体が不要な物質を排出しようとする自然な反応の一つです。

 

しかし、下痢が続く場合には体が本来必要な栄養素や水分を失ってしまうこともあるため、注意が必要です。食べ過ぎを防ぐことは、このような不快な症状を避けるために重要です。

 

また、食後に下痢を生じた場合には、消化の良い軽食に切り替えたり、十分な水分補給を心がけることが重要となります。

 

腹痛

 

食べ過ぎ

 

食べ過ぎが原因で起こる腹痛は、消化器系が過剰な食事に対応しようとする際に生じる一般的な症状です。

 

ここでは、食べ過ぎによる腹痛がどのようにして生じるかについて詳しく見ていきます。

 

胃の過剰な拡張

大量の食事によって胃が過度に拡張すると、胃壁に圧力がかかり、痛みを引き起こすことがあります。

 

この圧力は胃の筋肉に負担をかけ、腹痛の一因となります。

 

消化不良

食べ過ぎにより胃腸が正常に消化活動を行えなくなることがあります。

 

消化酵素の不足や胃酸の過剰分泌により、食物が適切に消化されず、胃や腸に炎症や刺激を引き起こして腹痛を生じさせます

 

ガスの蓄積

食べ過ぎると、消化過程で発生する腸管ガスが過剰に蓄積することがあります。

 

これにより腸管内圧が高まり、腹部に張りや痛みが生じることがあります。

 

食物の種類

特定の食物、特に高脂肪分や高繊維質、刺激性の強い食物は、消化器官に負担をかけることがあります。

 

これらの食物は消化が困難であり、食べ過ぎると腹痛を引き起こす原因となることがあります。

 

ストレスによる影響

食べ過ぎはストレス反応として生じることもあり、またストレスは消化器系の機能に影響を与えることがあります。

 

ストレスは消化器官の動きを乱し、腹痛を引き起こすことがあります

 

このような痛みがある場合には、以降の食事量を減らし、消化に優しい食物を選ぶことが推奨されます。

 

また、腹痛が長引く場合には、医療専門家の診察を受けることが重要です。

 

腹痛を防ぐためには、食事をゆっくりと時間をかけて食べること、食事のバランスに注意を払うこと、そして過度な食事を避けることが有効です。

 

適量の食事を心掛けることで、消化器系に過度な負担をかけず、健康を維持することができます。

 

関連記事:子供がお腹を痛がるときはどうすればいい?考えられる腹痛の原因や危険なサインとは?

 

解熱剤のことなら家来るドクターに相談△

現在は、愛知神奈川大阪で救急往診可能!

 

胃が痛い

 

食べ過ぎ

 

食べ過ぎが原因で起こる胃痛は、多くの人が経験する一般的な不快感です。

 

この胃痛は、食べ過ぎによって胃にかかる物理的、化学的ストレスが原因で生じます。

 

まず、大量に食べることで胃が過度に拡張し、胃壁に圧力がかかります。

 

この圧力は胃の筋肉に負担をかけ、痛みの感覚を引き起こして胃痛を起こします

 

また、食べ過ぎると消化のために胃酸が過剰に分泌され、胃の内壁を刺激して炎症や痛みを引き起こす可能性があります。

 

さらに、大量の食物を消化する過程で、胃は消化酵素や胃酸を十分に供給できなくなることがあります。

 

こうした消化不良が胃の不快感や痛みを引き起こします。

 

また、特に脂肪分が高いものや辛いもの、カフェインを多く含むものは胃壁を刺激し、胃痛の原因となります。

 

食べ過ぎによる胃痛は、身体が過剰な食事に対して反応しているサインです。

 

このような痛みが発生した場合には、食事の量を減らし、脂肪分の少ない、消化しやすい食物を選ぶことが重要です。

 

また、食後の休息を取ることも胃痛の軽減に役立ちます。

 

背中が痛い

 

食べ過ぎ

 

食べ過ぎによって背中に痛みを感じることは、消化器系の問題が背部に反映されるケースが多いです。

 

このような症状は、通常、胃や腸の不調が背中の神経や筋肉に影響を及ぼすことによって生じます

 

大量に食べることで胃が過剰に膨らむと、胃の背面が背中の神経や筋肉に圧迫を与える可能性があります。

 

これは特に胃が背部に近い位置にあるため、背中の上部に痛みを感じる原因となります。

 

また、食べ過ぎは膵臓にも影響を及ぼし、膵臓が炎症を起こすと背中の痛みを引き起こすことがあります。

 

これは、膵臓が背中に近い位置にあるため、膵臓の問題が直接背中に痛みとして表れることがあります。

 

消化不良や胃腸の不調は、体の筋肉、特に背中の筋肉に緊張をもたらすことがあります。

 

これは、消化器官の問題が全身の筋肉に影響を及ぼすためです。

 

そして食べ過ぎによる腹部の膨満感は、姿勢にも影響を及ぼし、背中に負担をかけることがあります。

 

特に食後に不適切な姿勢で座ったり横になったりすると、背中の筋肉に過剰な負担がかかり、痛みを引き起こすことがあります。

 

最後に、食べ過ぎは胆嚢にも影響を及ぼすことがあり、特に高脂肪分の食事は胆嚢を刺激し、背中の痛みを引き起こすことがあります。

 

このような痛みがある場合、食事量を減らし、消化しやすい食物を選ぶことが推奨されます。

 

また、適切な姿勢を保つことや、食後に十分な休息と水分補給、適度な運動を行うことも、背中の痛みの軽減に役立ちます

 

その他

 

食べ過ぎ

 

食べ過ぎが原因となるその他の症状として、心臓の動悸を感じることもあります

 

これは消化過程が循環系に及ぼす影響によるものであり、食事後に体が大量のエネルギーを消化活動に使うことによって生じます

 

食事を食べ過ぎると、消化のために多くの血液が胃腸に向かいます。

 

これにより他の体系、特に心臓がより多くの血液をポンプする必要が出てきます。

 

その結果、心拍数が増加し、動悸として感じられることがあるためです。

 

また、炭水化物や糖分が多い食事を摂ると、血糖値が急上昇します。

 

これにより体はインスリンを多量に分泌し、血糖を急速に下げようとします。

 

この急激な血糖値の変化は心臓にストレスを与え、動悸の原因となることがあります。

 

さらに、食べ過ぎは消化器官に大きなストレスを与え、自律神経系に影響を及ぼすことでも心拍数の増加や不整脈を引き起こす可能性があります

 

さらに、食べ過ぎると体は消化に必要な水分を使用するため、脱水状態になることもあります。

 

脱水は血液の濃度を高め、血圧の低下や血栓症などの重大な合併症につながる可能性もあります。

 

食べ過ぎによる動悸や脱水症状は、消化器官と循環系の相互作用によるものです。

 

このような症状が発生した場合、食事の量を減らし、消化しやすい食物を選ぶことが重要です。

 

また、食後は適度な休息を取り、過度な活動を避けることが推奨されます。

 

そして適度な水分補給も重要で、食事中や食後の水分補給に注意を払うことで、脱水を防ぎ、循環系への負担を軽減することができます。

 

関連記事:腹痛が起こる・続く原因のまとめ|緊急性の高い痛みの特徴も解説

 

解熱剤のことなら家来るドクターに相談△

現在は、愛知神奈川大阪で救急往診可能!

 

食べ過ぎを防ぐには?

 

食べ過ぎ

 

食べ過ぎは先述のように多くの不快な症状を引き起こすため、適切に予防することが重要です。

 

ここでは、食べ過ぎを防ぐための実用的なアプローチをいくつかご紹介します。

 

✅小分けに食事をする

一度に大量の食事を摂るのではなく、小分けにして数回に分けて食べることが効果的です。

 

これにより、胃への負担を減らし、食べ過ぎを防げます。

 

✅ゆっくりと食べる

食事をゆっくりと時間をかけて食べることで、満腹感を早く感じることができ、過食を防ぐことが可能です。

 

1口30回など目標を決めて、咀嚼を十分に行うことも重要です。

 

✅食事前の水分摂取

食事の前に水やお茶を飲むことで、少ない量の食事で満足感を得られます

 

これは食欲を自然に抑え、食べ過ぎを防ぐ助けになります。

 

炭酸飲料の摂取でも空腹感を改善することが可能であり、炭酸飲料が苦手でない場合には選択肢となります。

 

✅栄養バランスを考える

普段からバランスの良い食事を心がけることで、不必要な間食や過食を防ぐことができます。

 

特に、タンパク質や炭水化物、食物繊維をしっかりと含む食品を適切に摂取することが重要です。

 

バランスが偏った食事では摂った量の割に満腹感が得られにくかったり、すぐに空腹になってしまうこともあるためバランスには注意してください。

 

✅食事中の環境を整える

テレビを見ながら食事をするなど、気を散らす活動をしながらの食事は過食に繋がってしまうこともあります。

 

集中して食事をすることで、食べ過ぎを防ぎやすくなります。

 

✅間食を控える

スナック菓子や甘いお菓子などは過食を促すことがあります。

 

間食の回数を減らし、必要なら健康的な選択肢(例えば果物やナッツなど)を選ぶことが重要です。

 

また、間食よりも食後のデザートとして甘いものを摂取するように心がけましょう。

 

✅感情的な食事を避ける

ストレスや感情的な理由で食べることは過食の一因です。

 

感情と食事の関係を意識し、ストレスを別の方法で解消することが食べ過ぎを防ぎます。

 

また、ストレスによりどうしても食事を摂ってしまう場合には、ストレス解消の方法や原因について医師と相談することも検討すべきです。

 

食べ過ぎを防ぐためには、これらの方法を日々の生活にできるだけ取り入れることが重要です。

 

普段から食事に対する意識を変えることで、過食による健康リスクを減らし、より健康的な生活を送ることができます。

 

関連記事:【急な腹痛】虫垂炎が起こる原因や症状について|自然治癒するの?

 

解熱剤のことなら家来るドクターに相談△

現在は、愛知神奈川大阪で救急往診可能!

 

食べ過ぎて具合が悪くなった時の対処法

 

食べ過ぎ

 

食べ過ぎによる不快感は家庭での簡単な対処法で緩和できることが多いです。

 

しかし、症状が重い場合は医療機関の受診を検討する必要があります。

 

まずは自宅でできる簡単な対処法を説明します。

 

✅適切な休息を取る

食べ過ぎた後は、胃が食物を消化するためにエネルギーを必要とするので、十分な休息が必要です。

 

もし横になる場合には、身体の右側を下にして寝ることが推奨されます。

 

これは胃と食道の位置関係により、胃酸の逆流を防ぐのに役立ちます。

 

✅ツボを刺激する

食べ過ぎによる気分不良や消化不良でしんどくなった場合には、手の「胃腸点」や足の「足三里」「裏内庭」「太白」といったツボをマッサージすることで、症状の改善につなげることが可能です。

 

他にも消化不良に有効とされるツボが沢山存在するので、気になる場合には調べてみてください。

 

✅温かい飲み物を摂る

温かいお茶や水を少量飲むことで、消化を助け、胃の痛みや不快感を和らげることができます。

 

ただし、カフェインやアルコールが含まれる飲料は避けるべきです。

 

✅軽い運動を行う

症状が軽い場合には、軽い散歩などの運動をすることで、消化を促進することができます。

 

しかし、食べ過ぎによる症状が重い場合には過度な運動は避け、水分摂取を十分に行いながら体の状態に合わせて行うことが大切です。

 

✅消化を助ける食品を摂る

生姜やヨーグルトなど、消化を助ける食品を少量摂ることも有効です。

 

これらは胃腸の働きを整えるのに役立ちます。

 

ただし、これらも摂りすぎると症状を悪化させるケースがあるため、少量ずつ摂取するようにしてください。

 

上記のように自身での対応策も重要ですが、症状が重い場合や長時間続く場合は、自己判断せずに医療機関に相談することが重要です。

 

特に吐き気や激しい腹痛、継続的な下痢などの症状がある場合、迅速に医師の診断を受けることが必要です。

 

自宅での対処法が効果を示さない場合や症状が悪化する場合には、すぐに医療機関を受診しましょう。

 

関連記事:腹痛と下痢が続く原因|コロナの可能性は?治し方や病院での対処法を解説

 

解熱剤のことなら家来るドクターに相談△

現在は、愛知神奈川大阪で救急往診可能!

 

食べ過ぎたときは吐いた方がいい?

 

食べ過ぎ

 

食べ過ぎによって生じる不快感や体調不良を感じた際、一部の人々は吐くことで症状を軽減させようと考えるかもしれません

 

しかし、このアプローチにはいくつかの重要な問題点があります

 

安易に吐くことを考えずに、下記の内容も理解するようにしましょう。

 

体は食べ物を消化し、必要な栄養素を吸収するために複雑なプロセスを持っています。

 

食べたものを自然に消化させることで、身体は必要な栄養を十分に吸収して、不要なものを排出します。

 

自発的に吐く行為は、食道や歯にダメージを与える可能性があります

 

胃酸が口腔や食道に影響を及ぼすことで、歯のエナメル質の侵食や食道の炎症を引き起こすことがあります。

 

また、栄養を十分に吸収できないことで体調不良につながることもあります。

 

さらに、食べ過ぎが頻繁に発生し、それに対して吐くことを選んでいる場合にも、消化不良や食べ物に関連するその他の健康問題が根底にある可能性があります。

 

このような場合、医療専門家に相談することが重要です。

 

また、自発的に吐く行為は食べ物や体重に対する不健康な考え方や行動につながることがあります

 

これは摂食障害の一種である過食症や拒食症のリスクを高める可能性があります

 

食べ過ぎによる不快感に対処するためには、自発的な嘔吐よりも他の方法を試すことが推奨されます。

 

これには、適切な休息の取り方、消化を助ける軽い運動、温かい飲み物の摂取などが含まれます。

 

そして症状が改善しない場合には、必要に応じて医療の専門家に相談することが重要です。

 

解熱剤のことなら家来るドクターに相談△

現在は、愛知神奈川大阪で救急往診可能!

 

食べ過ぎた次の日の過ごし方について

 

食べ過ぎ

 

食べ過ぎた次の日の過ごし方については、以下のような対処法が推奨されています

 

これらの対処法を適切に取り入れることで、翌日以降の体調に大きく影響するため、できるだけ取り入れるようにしましょう。

 

①消化器官を休ませる

食べ過ぎた翌日には、なるべく胃腸を休ませるために、半日程度食事を抜いて十分に消化器官を休ませることが有効です。

 

これは消化器官の機能を回復させるのに役立ちます​​。

 

また、就寝の4時間前までに夕食を済ませることが良いでしょう。

 

これは食後の血糖値がピークを超えた状態で眠ることが理想的であるためです​​。

 

②十分な水分摂取

体のむくみを和らげ、消化やデトックスを助けるために、朝起きたら白湯や暖かいお茶などを飲むことがおすすめです。

 

冷蔵庫で冷やしすぎず、常温か温かい状態で飲むことが重要です​​。カフェインやアルコールは避けるように注意してください。

 

③消化の良い食事

何も食べないことに不安を感じる場合は、消化の良い食べ物、特に野菜や果物、炭水化物などを摂取すると良いでしょう。

 

野菜や果物のジュースを摂る場合には、栄養バランスの面からは市販のものではなく、自家製のものが推奨されています​​。

 

また、朝食やおやつにバナナを食べることで、消化を助けてカリウムや食物繊維を補うことも可能となるため、デトックス効果が期待できます​​。

 

一方で、消化に時間がかかる動物性タンパク質や脂肪はなるべく避けるようにしましょう。

 

④軽い運動

消化を促進し、塩分などを排出するためには軽い運動を取り入れることが有効です。

 

ストレッチや散歩などの軽めの有酸素運動がおすすめです​​。

 

激しい運動は食べ過ぎによる不調を悪化させるリスクにもなるため、注意してください。

 

⑤十分な休息

食べ過ぎた翌日は、十分な休息、睡眠を取ることで体の修復やエネルギー消費に役立ちます

 

食べ過ぎた翌日は7〜8時間の睡眠を確保することが推奨されており、寝不足や長時間の作業は避けて早めに休息を取るように心がけてください。

 

解熱剤のことなら家来るドクターに相談△

現在は、愛知神奈川大阪で救急往診可能!

 

家来るドクター(往診)での対応方法

家来るドクター(往診)では、食べ過ぎによる体調不良に対して、患者の自宅で直接、個別の医療サービスを提供することが可能です。

 

まずは症状の種類(吐き気、腹痛、下痢など)、症状の重さ、症状が始まった時間、および食べ過ぎた可能性のある食物の種類を確認し、続いて身体診察も行い腹部の膨満感、痛みの箇所、硬さなどを確認します。

 

食べ過ぎによる一時的な不快感の場合、医師は消化を助ける薬(消化酵素補助剤)、胃腸の動きを正常化する薬、または必要に応じて鎮痛剤を処方することがあります。

 

また、消化に優しい食事の摂取や適切な休息など必要な対処法を説明します。

 

食べ過ぎで、症状がなかなか改善されない場合はお気軽にご相談ください

 

解熱剤のことなら家来るドクターに相談△

現在は、愛知神奈川大阪で救急往診可能!

 

まとめ

この記事では、食べ過ぎによる体調不良の原因や症状、予防法および対処法について詳細に解説しました。

 

食べ過ぎが体調不良の原因になることはよく知られていますが、その背後には胃の過剰な拡張、消化酵素の不足、血糖値の急上昇、脂肪分の過剰摂取などの原因があります。

 

これらの原因を理解することは、食べ過ぎによる不快感や他の症状を防ぐために重要です。

 

食べ過ぎて具合が悪くなった場合は、自宅で適切な休息を取る、ツボを刺激する、温かい飲み物を摂るなどを試してみて下さい。

 

自宅で出来る対処法を行っても症状が改善されない場合は医療機関へご相談ください

 

食べ過ぎは多くの不快な症状を引き起こすため、これらの予防と対処法を適切に行うことで、より健康的な生活を送ることが可能です。

 

食事量の調整やバランスの取れた食生活を心がけ、必要に応じて医療の専門家に相談することが重要です。

 

参考文献

野菜の1日の摂取量はどれくらい?:大阪がん循環器病予防センター
食事療法について:国立循環器病研究センター

この記事の監修医師


循環器内科 小正 晃裕

  • 関西電力病院 循環器内科


西春内科・在宅クリニック 院長 福井 康大

経歴

  • 三重大学医学部医学科 卒業
  • 三重県立総合医療センター
  • N 2クリニック名古屋
  • 西春内科・在宅クリニック 院長(https://nishiharu-clinic.com/doctor/

 

名古屋・神奈川・千葉・大阪の往診医療機関

画像
画像

往診のご相談・お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

診療時間 月曜~金曜 土曜 日曜・祝日
相談開始時間 17:00~24:00 15:00~24:00 9:00~24:00
往診開始時間 19:00~25:00 18:00~25:00 10:00~25:00

※往診は連携医療機関が対応します

画像

画像

画像

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com