取材の依頼はこちら

080-4533-1546

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

乾燥による肌荒れはどうして起きるの?原因や治す方法をご紹介

乾燥による肌荒れはどうして起きるの?原因や治す方法をご紹介
  • 投稿日:
  • 更新日時:

乾燥による肌荒れ

 

今回の記事のテーマは多くの方が一度は悩んだことがあるであろう「肌荒れ」に関するものです。

 

特に乾燥する季節や環境において肌荒れが目立ちやすく、その影響で日常生活に不快感を与えることも少なくありません。

 

肌荒れが引き起こされる原因は一体何なのか、その対処法や治療方法は存在するのか。

 

このような疑問に対して、本稿では詳細に解説いたします。

 

肌荒れは単に外見に影響を与えるだけでなく、症状によってはかゆみや痛みを伴い、精神的なストレスまで生じる場合も考えられます。

 

季節の変わり目、特に冬季においては乾燥が進行し、その影響で肌荒れが発生しやすくなります。

 

しかし、乾燥以外にもホルモンバランス、自律神経、アレルギーの関連や日常の生活習慣など、多岐にわたる原因が考えられるのです。

 

本稿で取り上げるポイントは以下の通りです。

 

  • 肌荒れがどのような原因で発生するのか、その主な症状は何か。
  • どのような対処法と治療方法が有効なのか。
  • 最後に、専門の医療機関での対応策もご紹介します。

 

この情報が、肌荒れに悩む皆様の何らかの助けとなれば幸いです。

解熱剤のことなら家来るドクターに相談△

現在は、愛知神奈川千葉大阪で救急往診可能!

 

肌荒れを引き起こす原因は?

乾燥

 

乾燥による肌荒れ

 

乾燥は、皮膚に水分が不足することで生じる現象であり、これが肌荒れの大きな原因の1つとなります。

 

特に日本の冬は乾燥が進むことが多く、この時期に肌荒れが増加しやすくなります。

 

しかし、乾燥による肌荒れは冬季だけでなく、エアコンの効いた部屋や乾燥した環境下でも頻繁に見られるため、日頃の対策が重要です。

 

水分と油分のバランス

 

皮膚は水分と油分で保護されていますが、このバランスが崩れると乾燥が生じやすくなります。

 

例えば、長時間エアコンを利用すると、部屋の湿度が下がり皮膚の水分が蒸発しやすくなります。

 

同様に、冷たい風や暑い日差しも皮膚には厳しく、外出後の皮膚がつっぱる感覚はこの乾燥が原因である可能性が高いです。

 

スキンケアの誤り

 

乾燥を防ぐためには適切なスキンケアが必要ですが、その方法を誤ると逆に乾燥を引き起こしてしまいます。

 

一例として、強力な洗顔料を使用すると皮膚の油分まで取り除いてしまい、水分を保持する力が弱まることがあります。

 

年齢との関連性

 

乾燥は年齢とも密接に関係しています。

 

年齢が上がるにつれて皮膚の水分を保持する能力が低下し、乾燥しやすくなります。

 

特に境界線とされるのが40歳代

 

この年齢になると多くの人が乾燥による肌荒れを経験することが一般的です。

 

食事との関連

 

乾燥肌の予防と改善には、食事も重要な要素となります。

 

例えば、オメガ3脂肪酸が豊富な魚類を摂ると皮膚の水分を保つ力が高まります。

 

逆に塩分の取りすぎや、過度なカフェイン摂取は体内の水分を奪い、乾燥を助長する可能性があります。

 

生活習慣の見直し

 

最後に、日々の生活習慣も乾燥に影響します。

 

適度な運動は血行を良くし皮膚に栄養を届けるため、乾燥を予防する手段となりえます。

 

しかし、過度な運動は逆に体内の水分を失いやすくなるため、バランスが重要です。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

乾燥による肌荒れ

 

ホルモンバランスの乱れも、肌荒れの一つの大きな原因として挙げられます。

 

ホルモンは、成長や発育、代謝など、体内の多くの機能を調整する物質であり、そのバランスが崩れると肌の状態にも影響を及ぼします。

 

女性ホルモンと肌荒れ

 

特に女性ホルモンは、皮膚の水分保持能力や油分の生成に関与しています。

 

生理周期や妊娠、更年期などで女性ホルモンのバランスが崩れると、皮膚の調子も悪くなります。

 

例えば、多くの女性が生理前に肌荒れがひどくなる経験があると思いますが、これはホルモンバランスの変化が直接的な原因となります。

 

ストレスとホルモン

 

ストレスは副腎から分泌されるコルチゾールというホルモンの量を増加させます。

 

このコルチゾールが多くなると、皮膚の油分生成が過剰となり、それが毛穴を詰まらせて肌荒れを引き起こす場合があります。

 

ホルモンバランスの乱れが疑われる場合、適切な医療機関での診断が重要です。

 

ホルモン量の測定と専門医の診断によって、具体的な治療法や生活習慣の改善指導が受けられます。

 

自律神経の乱れ

 

乾燥による肌荒れ

 

自律神経の乱れは身体の多くの機能に影響を与えますが、特に肌の状態にも密接な関係があります。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経の二つから成り立っており、この二つのバランスが崩れると肌荒れが引き起こされる場合があります。

 

交感神経と副交感神経

 

交感神経は「戦うか逃げるか」の状態、つまりストレス状態で活性化します。

 

副交感神経はその逆で、リラックスした状態で活性化します。

 

これらがバランスよく働いている状態が理想ですが、現代社会のストレスや睡眠不足など生活習慣の乱れが影響し、このバランスが崩れやすくなっています。

 

ストレスと自律神経

 

継続的なストレスは交感神経を過度に活性化させ、その結果として皮膚の血流が悪くなる可能性があります。

 

血流が悪くなると、皮膚の細胞に必要な酸素や栄養素が十分に届かず、肌荒れや乾燥を引き起こすケースが多く見られます。

 

睡眠と自律神経

 

良い睡眠は副交感神経を活性化し、皮膚細胞の修復を促します。

 

逆に不規則な睡眠習慣や睡眠不足は、交感神経を優位にしてしまい肌荒れの原因となることが多いです。

 

自律神経のバランスを整える方法としては、ストレス管理と質の良い睡眠が重要です。

 

生活習慣の乱れ(食生活や睡眠等)

 

乾燥による肌荒れ

 

肌の健康は、外部からのケアだけでなく、生活習慣によっても大きく影響されます。

 

特に食生活や睡眠の乱れは、肌荒れを引き起こす一因となる場合が多いです。

 

食生活と肌荒れ

 

不規則な食生活や偏った食事は、肌に必要な栄養が不足し、肌荒れを引き起こします。

 

特にビタミンA、ビタミンC、亜鉛などは肌の新陳代謝を促進する役割を持っています。

 

これらが不足すると、肌の回復力が低下し、容易に肌荒れが起こります。

 

また、過度な油分や糖分の摂取は皮脂の過剰分泌を引き起こし、それが肌荒れに繋がります。

 

睡眠不足と肌荒れ

 

睡眠は体を修復するための大切な時間です。

 

特に深い眠りの中でヒト成長ホルモンが分泌され、細胞が修復されます。

 

睡眠時間が不足すると、この修復作業が十分に行われず、肌に老廃物が溜まりやすくなります。

 

結果として、肌は荒れやすい状態となります。

 

運動不足と肌荒れ

 

運動には血流を良くし、全身の細胞に酸素や栄養を送る効果があります。

 

運動不足は肌細胞にも影響を与え、肌荒れを引き起こす可能性が高くなります。

 


その他

 

乾燥による肌荒れ

 

肌荒れの原因は多岐にわたり、上述した要素以外にもいくつか考慮すべき点があります。

 

環境要因と肌荒れ

 

季節の変わり目や突然の気温・湿度の変動は、肌に大きなストレスを与える場合があります。

 

特に乾燥した環境では皮膚の水分が蒸発しやすく、それが乾燥を引き起こし、結果的に肌荒れにつながります。

 

化学物質やアレルギー

 

日常生活で接触する化学物質、例えば洗剤や化粧品、さらには食品添加物なども肌荒れの原因になり得ます。

 

特に敏感肌の人は、アレルギー反応を起こしやすく、これが肌荒れを引き起こす場合があるため注意が必要です。

 

着用する衣類

 

実は肌に直接触れる衣類も、肌荒れの原因になる可能性があります。

 

合成繊維やウール、染料などが肌に合わない場合、かゆみや発疹などの肌荒れ症状を引き起こすことがあります。

 

精神的ストレス

 

精神的なストレスは肌のコンディションにも影響を与えることが知られています。

 

ストレスがかかるとホルモンバランスが崩れ、それが肌荒れを引き起こす場合があります。

 

これらに対する対策としては、まず自分の生活環境や使用している物品を見直すことが基本となります。

 

肌荒れの原因は一つではありません。

 

多角的な視点から自分の生活を見つめ直し、原因となりうる生活習慣を整えるなど総合的なケアを心がけることが、健康な肌を維持する鍵となります。

 

▶︎顔だけに起きるアレルギー反応の原因は?赤みやかゆみの対処法

 

肌荒れの主な症状

 

肌荒れは日常生活において多くの人々が直面する問題ですが、それぞれのケースで現れる症状は多種多様です。

 

以下に、肌荒れが引き起こす主な症状を詳しく解説します。

 

赤み・発疹

 

乾燥による肌荒れ

 

肌が赤くなる場合、それは肌が炎症を起こしている可能性があります。

 

赤みは特に敏感肌の人に多く見られ、刺激物に対する肌の反応として出現することが多いです。

 

▶︎【冬から注意】子供の水疱瘡(みずぼうそう)|症状や潜伏期間、予防接種について

 

かゆみ

 

乾燥による肌荒れ

 

かゆみは非常に一般的な肌荒れの症状であり、アレルギーや乾燥が主な原因とされています。

 

かゆみが持続すると、その部分をかくことでさらなる肌のダメージを引き起こす恐れがあります。

 

▶︎子どもが汗疹(あせも)になったときはどうすればいい?治し方や湿疹との違い・対策法について

 

乾燥・ひび割れ

 

乾燥による肌荒れ

 

乾燥した環境下や寒い季節には、肌が乾燥してひび割れることが多くあります。

 

特に手や顔、そして膝や肘などの関節周りでよく見られ、ひどくなると強い痛みを伴うこともあります。

 

 

にきび・吹き出物

 

乾燥による肌荒れ

 

にきびは主に顔に現れる肌荒れの一形態ですが、背中や胸部、上腕など顔以外の部分にも出現することがあります。

 

これは、皮脂腺の働きが活発になり、毛穴が詰まって炎症を起こすことが原因となることが多いです。

 

斑点や黒ずみ

 

乾燥による肌荒れ

 

色素沈着による斑点や黒ずみも、肌荒れの一形態です。

 

これは紫外線によるダメージやホルモンバランスの乱れ、乾燥や炎症の後に見られることが多いです。

 

たるみ・シワ

 

乾燥による肌荒れ

 

肌のたるみやシワは、加齢による肌荒れの症状とも言えます。

 

年齢に伴うコラーゲンやエラスチン繊維の減少が原因とされています。

 

炎症・膿み

 

乾燥による肌荒れ

 

特に重度の肌荒れでは、皮膚に炎症や膿みが発生する可能性があります。

 

これは、細菌感染の可能性も考慮しなければならず、速やかに専門の医療機関での診察が必要です。

 

画像

画像

画像

 

肌荒れの対処法

 

肌荒れが起こった際には、その症状に応じて適切な対処が必要です。

 

以下では、主な肌荒れの症状に効果的な対処法をいくつかご紹介します。

 

保湿ケア

 

乾燥による肌荒れ

 

乾燥が原因で肌荒れが起きている場合、保湿は非常に重要です。

 

乾燥を防ぐためには、ヒアルロン酸やセラミドが含まれた保湿クリームやローションの使用が効果的です。

 

さらに、湿度の低い場所では加湿器の使用も考慮に入れてください。

 

また、日焼けによる肌の炎症も乾燥を引き起こしやすいので、不要な日焼けは避ける、こまめに日焼け止めを使用するなど対策が必要です。

 

シンプルなスキンケア

 

乾燥による肌荒れ

 

赤みや発疹が出た場合、肌に負担をかけないようにシンプルなスキンケアがおすすめです。

 

無添加・無香料の洗顔料やスキンケア製品を選び、重ね塗りはなるべく少なくするなど肌に優しいケアを心がけましょう。

 

適切な洗顔

 

乾燥による肌荒れ

 

過度な皮脂や汚れが原因で肌荒れが起きる場合もあります。

 

洗顔は1日2回程度が基本ですが、皮脂が多い人は適宜調整が必要です。

 

ただし、過度な洗顔は肌を乾燥させるので注意が必要です。

 

また、熱いお湯での洗顔も乾燥を引き起こしやすいため、ぬるま湯を使うほうが肌荒れが起こりにくいです。

 

食生活の見直し

 

乾燥による肌荒れ

 

食生活が乱れていると、様々な栄養素のバランスの崩れから肌荒れにつながることがあります。

 

ビタミンやミネラルが豊富な食事を心がけ、特にビタミンCやEは肌に良い影響を与えるのでたくさん摂るようにしましょう。

 

また、脂質や糖質の摂りすぎにも注意が必要です。

 

睡眠とストレスマネジメント

 

乾燥による肌荒れ

 

睡眠不足やストレスも肌荒れの大きな原因です。

 

しっかりとした睡眠をとること、ストレス解消法(例:瞑想、運動、趣味など)を見つけることが重要です。

 

化学物質やアレルゲンからの避難

 

乾燥による肌荒れ

 

敏感肌やアレルギー体質の人は、特定の化学物質や素材に反応して肌荒れを起こす場合があります。

 

使用する製品の成分をチェックし、問題がある場合には使用を中止してください。

 

また、花粉などアレルゲンによる症状が疑われる場合には、なるべく曝露を避けることが必要です。

 

▶︎虫刺されのかゆみが止まらない人必見|対処法やぶり返す可能性はある?

 

肌荒れの治療方法

 

皮膚の健康は全身の健康に密接に関連しています。

 

そのため、肌荒れがある場合、しばしば根深い問題を表していることがあります。

 

本篇では、病院での治療法から自宅での自然療法まで、肌荒れの治療方法を幅広くご紹介します。

 

医師の診断

 

乾燥による肌荒れ

 

重度の肌荒れや慢性的な症状がある場合は、専門医に診てもらうことが重要です。

 

医師は症状に応じた適切な治療方法を提案し、場合によっては保湿剤やステロイド、抗生物質などを処方することもあります。

 

トピカル治療(外用薬)

 

乾燥による肌荒れ

 

一般的な肌荒れには、外用薬がよく用いられます。

 

ステロイドクリームや軟膏は、炎症を抑制し赤みを減らすのに効果的です。

 

抗菌クリームも皮膚感染を防ぐために有用となります。

 

単なる乾燥から肌荒れが引き起こされている場合には、保湿剤のみで改善する場合もあります。

 

内服薬

 

乾燥による肌荒れ

 

ホルモンバランスの乱れやアレルギーが原因で肌荒れが起きている場合、内服薬の処方が考慮されることがあります。

 

アレルギー反応を抑える抗ヒスタミン薬や抗生物質が一例です。

 

レーザー治療

 

乾燥による肌荒れ

 

赤みや色素沈着、傷痕が強い場合には、レーザー治療が有効です。

 

特定の波長の光を肌に照射することで、肌の状態を改善します。

 

自然療法

 

乾燥による肌荒れ

 

アロエベラやハチミツなど、自然な成分による治療も有効である場合があります。

 

これらは保湿作用があり、炎症を和らげる性質があります。

 

食事とサプリメント

 

乾燥による肌荒れ

 

ビタミンA、E、Cといった抗酸化作用のあるビタミンやオメガ3脂肪酸を含んだ食事は、肌の健康に良い影響を与えます。

 

また、プロバイオティクスなどのサプリメントも肌荒れの改善に寄与することが多いです。

 

低刺激性のスキンケア製品

 

乾燥による肌荒れ

 

化学成分やアルコールが少ない、または含まれていないスキンケア製品を選ぶことで、肌への刺激を最小限に抑えます。

 

精神的なケア

 

乾燥による肌荒れ

 

ストレスや精神的な疲れも肌荒れに影響を与えるため、リラクゼーションや運動でストレスを解消することも治療の一環と言えます。

 

肌荒れの治療は、症状の原因や程度によって多岐にわたります。

 

一つ一つの方法がすべての人に当てはまるわけではありませんので、自分の症状に最も適した治療方法を選ぶ重要性があります。

 

専門医と相談しながら、自分に最適な治療法を見つけ出してください。

 

解熱剤のことなら家来るドクターに相談△

現在は、愛知神奈川千葉大阪で救急往診可能!

 

肌荒れを予防するには?

 

美しい肌は健康的な生活習慣や適切なスキンケアから生まれます。

 

肌荒れの原因を知ることは大切ですが、その予防も同じく大切です。

 

ここでは、肌荒れを予防するための方法やアドバイスをご紹介します。

 

適切な保湿

 

乾燥による肌荒れ

 

肌の水分は細胞の間に存在し、肌を柔らかく保つ役割があります。

 

乾燥すると肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激に弱くなります。

 

そこで、日々の保湿は肌荒れ予防の基本となります。

 

適切な保湿クリームやローションを選び、定期的に使用しましょう。

 

紫外線対策

 

乾燥による肌荒れ

 

紫外線は肌の老化や乾燥の原因となるため、日焼け止めを毎日塗ることが重要です。

 

また、帽子や日傘、UVカットの服を着ることで、より一層の予防が期待できます。

 

適度な洗顔

 

乾燥による肌荒れ

 

過度な洗顔は、肌の天然の油分を取りすぎてしまい、乾燥や肌荒れを引き起こす可能性があります。

 

1日2回程度の洗顔を心掛け、洗顔料も肌に優しいものを選んでください。

 

バランスの良い食事

 

乾燥による肌荒れ

 

ビタミンやミネラルが豊富な食事は、肌の健康をサポートします。

 

特にビタミンCやEは抗酸化作用があり、肌の老化を防ぐ効果が期待できます。

 

また、適度な水分摂取も忘れずに行いましょう。

 

適度な運動

 

乾燥による肌荒れ

 

運動によって血行が良くなり、皮膚の新陳代謝が促進されます。

 

これにより、肌のターンオーバーが正常に行われ、明るく健康的な肌を保つことができます。

 

 十分な睡眠

 

乾燥による肌荒れ

 

睡眠中は肌の修復が行われるため、十分な睡眠時間を確保することで、肌トラブルの予防や改善が期待できます。

 

ストレスの管理

 

乾燥による肌荒れ

 

ストレスは肌の大敵です。

 

ストレスがかかるとホルモンのバランスが乱れ、肌荒れの原因となることがあります。

 

リラクゼーション方法を見つけ、日常生活でのストレスを減少させることが大切です。

 

アルコールやタバコの摂取を控える

 

乾燥による肌荒れ

 

アルコールやタバコは、肌の健康を害する要因となります。

 

特にタバコはコラーゲンの減少を引き起こし、肌の弾力やハリを失わせる原因となります。

 

肌の状態は、私たちの生活習慣や環境、心の状態に左右されることが多いです。

 

日々のちょっとした工夫や注意で、肌荒れを大幅に予防することができます。

 

健康的な生活を心掛け、美しい肌を手に入れましょう。

 

▶︎アレルギー性蕁麻疹の症状が出た時の適切な対応方法とは?

 

家来るドクター(往診)での対応方法

 

皮膚のトラブルや肌荒れは日常の生活の中で多くの人が経験するものです。

 

肌荒れでなかなか往診を利用することはないかもしれません。

 

家来るドクターでは、症状に合わせた軟膏などの処方を行っています。

 

かゆみが酷かったり、炎症が起きているなどお困りの症状がありましたらお気軽にご相談ください。

 

症状に応じて専門医への受診をお願いすることもあります。

 

画像

画像

画像

 

まとめ

 

皮膚は私たちの体を覆う大切な組織であり、日常のさまざまな刺激やストレスから身を守る役割を果たしています。

 

今回、皮膚がどのような原因で荒れてしまうのか、そしてそれにどう対応すべきなのかについて多角的に解説しました。

 

肌荒れの背後には、外的要因だけでなく、私たちの内面や生活スタイルに密接に関わる要因が潜んでいます。

 

乾燥や紫外線はもちろんのこと、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、日々の生活習慣が肌の状態に大きく影響を及ぼすことを改めて認識する必要があります。

 

特に、現代人は多忙な日常の中でストレスを感じやすく、その結果、自律神経の乱れや不規則な生活が肌荒れの主要な原因となり得ることを理解しなければなりません。

 

しかし、これらの要因に対して、私たちは無力ではありません。

 

日常的なスキンケアや生活習慣の見直し、そして時に専門家の意見を取り入れることで、健やかな肌を維持・回復する道は開かれています。

 

さらに、予防の観点から考えることも重要です。

 

肌荒れを経験する前に、その原因となる要因を早めに排除または軽減することで、皮膚の健康を長期的に保つことが可能となります。

 

この記事を通じて、一人でも多くの方が肌の健康に対する意識を高め、適切なケアや対応策を取り入れるきっかけとなれば幸いです。

 

皮膚は私たちの体の鏡であり、その状態は私たちの健康や心の状態を映し出しています。

 

そのため、肌を大切にすることは、自分自身を大切にすることと同義です。

 

毎日のケアを欠かさず、内面からも外面からも美しく健康でいるための努力を続けましょう。


参考文献

‣Krutmann, J., & Humbert, P. (2019). “Nutrition for healthy skin: Strategies for clinical and cosmetic practice.” Springer Science & Business Media.

‣Chen, Y., & Lyga, J. (2020). “Brain-Skin Connection: Stress, Inflammation and Skin Aging.” Inflammation & Allergy Drug Targets.

‣Pullar, J. M., Carr, A. C., & Vissers, M. (2017). “The roles of vitamin C in skin health.” Nutrients.

‣Berson, D. S. (2018). “Natural antioxidants.” Journal of drugs in dermatology: JDD.

‣Watson, R. E., Parry, E. J., Humphries, J. D., Jones, C. J., Polson, D. W., Kielty, C. M., & Griffiths, C. E. (2016). “Fibrillin-rich microfibrils are reduced in photoaged skin. Distribution at the dermal-epidermal junction.” Journal of Investigative Dermatology.

 

この記事の監修医師


循環器内科 小正 晃裕

  • 関西電力病院 循環器内科


西春内科・在宅クリニック 院長 福井 康大

経歴

  • 三重大学医学部医学科 卒業
  • 三重県立総合医療センター
  • N 2クリニック名古屋
  • 西春内科・在宅クリニック 院長(https://nishiharu-clinic.com/doctor/

 

名古屋・神奈川・千葉・大阪の往診医療機関

画像
画像

往診のご相談・お問い合わせお気軽にお問い合わせください。

診療時間 月曜~金曜 土曜 日曜・祝日
相談開始時間 17:00~24:00 15:00~24:00 9:00~24:00
往診開始時間 19:00~25:00 18:00~25:00 10:00~25:00

※往診は連携医療機関が対応します

画像

画像

画像

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com